マナー

結婚式のドレス お呼ばれで30代なら マナー押さえて適した色は

更新日:

今回は30代女性のお呼ばれドレスの選び方をご紹介します。
20代のドレスのままではちょっと恥ずかしいかも、買い替えようかなと思っているあなた。

30代って大人ですし、マナーをしっかり守って、上品な装いで決めたいですよね。
30代ドレスで選ぶべき色についても経験を踏まえてお伝えします。

  

結婚式のドレスお呼ばれで30代ならどうする?

20代後半になると学生からの付き合いで結婚するカップルの結婚ラッシュはひと段落ついてきますよね。
でも、また30代になると30代の結婚ラッシュの時期があります。

そんなとき、結婚式に招待されて、「前から着ているお気に入りのあのドレスで行こう!」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
20代から着ているドレスは30代のあなたにも似合いそうでしょうか。

20代はやはり、若さがありますから、少しくらいマナーを守れていなくても、少しくらい派手だったりしても若さでカバーできる、というのがあります。

それが、私もそうなんですが、悲しいことに30代になるとそうもいかないんですよね・・・

肌がくすんできた

30代になるとどうしても、20代のころと比べて肌の質感も落ちてしまいます。
デコルテや二の腕、脚の露出も以前よりしにくいですよね。

体つきが変わってきた

20代の時は食べても太らなかったのに、30代になったらなんだかお腹回りのお肉が落ちにくくなった。
二の腕が気になる、なんて方も多いのではないでしょうか。

私も20代後半で出産を経験してからは、お尻周りのお肉がずっと落ちずに困っています(笑)
誰もが通る道、かもしれませんが、そんな体つきをカバーできるようなドレスが望ましいですよね。

 
また、結婚、出産して落ち着いている女性ならそもそも普段パーティーなどの人の集まる場に行くことがないので、どういったものを着て行けばいいのかが分からないですよね。

私も、20代の頃の結婚式の参列者のドレスというとほぼノースリーブに袖がひらひらとついていたり、肩回りがざっくり開いていたりでした。
スカート丈も膝頭が見えてしまうものもありましたね。

20代の頃でも、それを店員さんに勧められて買ったはいいけれど、いざ会場で着てみると「思ったより肩回りが開いていて恥ずかしい」と思ったりもしました。
それを30代でも着るなんて、着ている自分を想像するだけで恥ずかしいです(笑)

 
そこで、30代の結婚式、披露宴へのお呼ばれスタイルで恥ずかしくないドレスの選び方について、以下の2点に沿って詳しくお伝えします。

①最低限のマナー
②色

①形や丈、素材などのマナー

結婚式などのフォーマルな場に適した形や素材があります。
これを読めば、開場で浮くこともなく自信を持って結婚式を楽しめますよ。

自分の年齢に合っていて、かつマナーもしっかり守られたコーディネートには気品があって周りから見ても素敵です。

②自分に合った色

ドレス選びで迷ってしまうものの1つに色があるのではないでしょうか。
自分に合った色を選べば2割増しに素敵に見えますよ。
これは本当です。
 

結婚式のドレス お呼ばれの場合はマナーを押さえて

結婚式のパーティードレスで30代なら気を付けたい、マナー。
招待されるのですから、大切な友人または親族(ホストである新郎新婦)に恥をかかせないためにも、最低限のマナーは押さえたうえで素敵なものを選びたいですよね。

 

ドレスの素材のNGは?

結婚式のドレス選びでまず気を付けたいのが素材です。

シフォンやシャンタン、オーガンジー、シルク、ポリエステルなどのものがよいでしょう。
綿や麻などが含まれているものは避けましょう。
また、秋冬はいいのですが春夏にベロア素材は暑苦しく、やぼったく見えてしまうので避けましょう。

さらに、昼間であれば透け感が少ない素材がベターです。
総レースのドレスも華やかでいいのですが、必ず裏地がどこまでついているのかを確認し、スカート丈が膝まであっても、裏地が短いために太ももが見える面積が多くないか?などの入念なチェックが必要ですね。

そして、私が特に気を付けたいと思うのはサテン地のドレスです。
光沢があり、ツルツルした素材で華やかなのですが、光沢感がありすぎて逆に安っぽく見えることもあります。

サテン地は素材としては結婚式にNG、というわけではないのですが、安いお値段で購入できるドレスに多い素材であるのもまた事実です。
30代女性で素敵に見せるには、避けた方が無難かもしれません。

また、常識と思う方も多いかもしれませんが、殺生を連想させるため、ファー素材は避けましょう。
たとえフェイクファーであっても30代女性は避けた方がいいでしょう。

結婚式にファー付きの素材で来ている、というそれだけで「マナーを知らない人なんだな」とレッテルを貼られてはもったいないですしね。
ファーは普段のおしゃれで楽しむといいですよ。

スポンサーリンク

 

袖丈

袖丈も特に30代女性のパーティードレスには重要ですよね。

20代の頃はキャミソール型、ホルターネック型、ベアトップ型などの方が大きく開いたスタイルでも上にショールやボレロをまとえばOKですし、それが人気のドレスの形だとは思います。

しかし、結婚式に何回も参加して思ったのが、肩が出たドレスにショールやボレロを羽織るというのは、うまく合ったものを選ばないとやぼったく見えますし、寄せ集めというか、安っぽくも見えてしまうということです。

若いときの方が、ドレス+はおりの重ね着も可愛く決まるのですが、歳を重ねていくにつれ、すっきりとしたコーディネートの方が洗練して見えるな、ということです。
つまりは袖があって1枚で着られるドレスの方が30代女性には似合うということです。

実際、おしゃれな私の友達も1枚ですっきりと着られるドレスを着ていましたが20代からのドレスをそのまま着ていると思われるキャミ型ドレス+ストールの友人よりずっと洗練して素敵に見えました。

ストール、ショールなどもおしゃれなのですが、肌が見えないようにいちいち直したり、下着を押し込めたり、というような動作も意外と見られているので要注意かもしれません。
1枚で着られる、というのは何かと強いですよ。

よって30代女性がノースリーブやキャミソール型のドレスを選ぶ場合はそれにマッチしたボレロやショールを選びますが、ベターなのは1枚で着られる袖付きのものです。

これから30代用のドレスを買う、という方はぜひ袖のありなしを意識してみてくださいね。

 

ドレスの丈

スカート丈も重要です。
結婚式などのフォーマルな場では膝を出さないのがマナーなので、本当は若くてもひざ丈を選ぶのがマナーです。

ただ、実際結婚式に参加すると20代では膝上のドレスを着ている人もかなり多かったですね。
私もどちらかというと身長が高い方なので、気を付けて選ばないと膝頭が見えてしまうドレス、ワンピースも多いです。

これも、30代になると膝や太ももを出しているとみっともなく見えてしまいます。
脚の露出は特に年齢を重ねると、いくら脚がきれいでもフォーマルな場では痛々しく見えてしまうので注意してくださいね。

できれば試着できるお店でしっかりと丈を確認してから買うのがおすすめです。
座ったりしても太ももが見えないか?等も要チェックです。

 

結婚式のドレス お呼ばれの場合の色の選び方

結婚式のゲストのドレス選びで迷うのが色ですよね。
歳を重ねるごとに色の重要性を痛感します。

結婚式のゲストにNGな色は?

これは言わずもがなかもしれませんが、白色は花嫁とかぶってしまうので避けましょう。
完全な白色ではなくても、ベージュ色、薄いグレー色などは写真でフラッシュをたくと白っぽく写ってしまうこともありますので特に昼間の式、披露宴の場合は慎重に選んでくださいね。

さらに、花嫁が洋装でお色直しをする場合は何色のカラードレスを選ぶのかを聞いておくのも手ですね。
「もし聞いてもよかったら教えてほしいんだけど・・・」と切り出してドレスの色が被らないようにすると、気遣いのできる子だな、と思ってもらえると思います。

 

自分に合った色を選ぶ

そして色選びに重要なのは、派手すぎない色の中で、自分に合った色のドレスを選ぶということです。

肌の色は人によって異なるため、ブルー寄りの人、イエロー寄りの人がいますよね。
私はブルー寄りなのですが、そんな私がベージュやオレンジ、コーラルピンクの色のドレスを着ると絶望的に似合わないんです(笑)

顔が暗くくすんで見えるというか、顔色が汚く見えるというか。
表情も華やかに見えないんです。

そんなの、本当?と思われるかもしれませんが、似合う色、似合わない色は皆さんそれぞれありますので、まず自分に似合う色の把握からされるといいですね。
一生物!パーソナルカラー診断で自分2割増しの色がわかるの記事にも書いたのですが、実際にパーソナルカラー診断にも行っていますが似合う色が分かるのは本当に大事ですよ。

歳を重ねると自分に似合う色を着ているかでかなり差がつけられるので、自分には何色が似合うのか?を客観的に見てもらうのがおすすめです。

また、要注意なのが黒色です。
黒は喪服をイメージさせるので結婚式の場では避けるべき、とよく言われますがもう1つ避けるべき理由があります。

それは、黒は誰にでも似合う、無難な色と言われますが実は似合う人はとっても少ないんです。
黒は老化の色とも言われるくらいなんです。

そういうわけで、たとえ靴やバッグを黒以外の色にするのでブラックフォーマルには見えないから大丈夫、と思っていてもそもそも黒色のドレスが自分に似合っているか?をよく考えてみてくださいね。

似合う人はいいのですが、似合わない場合は本当に顔が暗く見え、第一印象も悪くなりがちです。
私も実際黒が似合わず、自分が黒を着ていると黒の色のパワーに負けてしまっているな、と思いますので。

また、実際結婚式に行っても黒のドレスの方は多いですがやっぱり黒色ばかりだとくらい、重たい雰囲気になります。
今の20代~30代くらいの方は黒色なら安心、目立ちたくないし、無難だしという理由で選ばれる方も多いと思うのですが、やはり結婚式などの晴れやかな場では明るめの色がおすすめです。

そして自分が何色が似合うかまだわかっていない、という人もいるかもしれません。
手持ちの服で自分が何色が似合うかを鏡の前でしっかり確認したうえでドレスを買いに行ってもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。
30代女性が結婚式や披露宴で着るべきドレスは20代よりも気を付けるべきポイントがたくさんありますが、30代ともなれば目も肥えてきて、自分に似合ったものを見つけられる年でもあります。

自分に似合うドレスを見つけて、結婚式を思いっきり楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

-マナー
-

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.