ハロウィン

ハロウィンの赤ちゃん用かぼちゃ衣装を手作り!100均素材ですぐできる!

投稿日:

ハロウィンに赤ちゃん用のかわいい衣装を手作りできない?とお探しではありませんか。

そこで今回はかぼちゃのかわいいウェアの作り方をご紹介します。

100均素材を使って1時間もあればできますよ!

  

ハロウィンの赤ちゃん用かぼちゃ衣装を手作り

赤ちゃんもハロウィンの衣装を作ってイベントを楽しみたい、という時にすぐにできる衣装の作り方をご紹介します。

今回作ったのはオレンジ色のフェルトですぐできるカボチャパンツです。

赤ちゃん用カボチャパンツの材料

材料はこちら。

100均のフェルト(60センチ×60センチ)と平ゴムです。

かぼちゃの顔も作る場合は黒や赤のフェルトも用意してください。

フェルトなので切れ端の始末をしなくていいのが楽です。

今回は型紙も使わずできるだけ簡単に作っていきますね。

まずフェルトを半分の長方形に折って折り目を切って二等分にします。

2枚を重ね、フェルトの短辺の端から5センチくらいのところに直線を書き、股の部分に図のような線を引いて切っていきます。

ちなみに今回は身長58センチ、普通体型の生後2か月の子供用に作りましたがこの横50センチ、縦30センチの幅でもかなり余裕があったので普通の赤ちゃんはだいたいこのサイズ(横50センチ、縦30センチ)でOKだと思います。

(最後にゴムで調節ができます)

切ったフェルトの上に子供を乗せるとこんな感じです。布の方がだいぶ大きいです。

では布を縫い合わせていきます。2枚重ねて待ち針をうち、まず脇部分を1センチの縫い代で縫います。

私はミシンを使っていますが、手縫いでもOK.手縫いなら最初と終わりに返し縫いをすると丈夫に作れます。

ちょっと見えにくいですが、脇を縫ったところです。

次に股部分にも待ち針を打ってから縫い代1センチで縫います。

こんな感じになりました。

あとはこれにウエストと裾にゴムを入れるためのわの部分を縫っていきます。

まず、ウエスト部分を2~2.5センチくらい折り返し、待ち針をうちます。

このとき、縫いやすいように先に塗った脇線の縫い代は図のように割っておく(左右に倒す)といいですよ。

ウエスト1周分待ち針がうてたら

1周ミシンをかけていきます。ただしここでゴム通し穴を残すのを忘れないようにしてください。

こんな感じで、3センチほど縫わない部分を作って止めておきます。

裾2か所も同様に折り返して待ち針を打ちます。ゴム通し口を残して1周縫います。

こんな風にゴム通し口を残します。

表に返すとこんな風にズボンの形になります。

ちなみにカボチャパンツの作り方というと、もっと複雑な型紙を使って、立体的に作る方法があるのですが、今回はできるだけ簡単に作れるように最初からズボンの形に断つ方法を採用しています。


スポンサーリンク

カボチャパンツにゴムを通して完成

ここで平ゴムをゴム通し口から通していきます。
「紐通し」があればそれを使うのがベストですが、なければ写真のようにヘアピンにゴムを結んだもので代用しても大丈夫です。

ただ、フェルトだと柔らかく厚みがあるので、ヘアピンを使うと布を貫通しそうになってやりにくいので慎重にやる必要がありました。

1周通ったら子供にはかせてみてゴムの長さを決め、両端を結びます。

ウエスト、裾の合計3か所ゴムが通ればOKです。

子供にできたパンツをはかせるとこんな感じになりました。


うちはまだ生後2か月で小さいのでかなり余裕がありますね…

できたパンツのお尻部分にフェルトでかぼちゃの顔をつくっても(ボンドで貼ると簡単)かわいいですよ。

私は赤ちゃん用に、かわいい系のカボチャの顔にしましたが、ジャックオランタン風に▲の目にする方が本格的になります。

うちはまだねんねの時期なのでお尻に顔を作っても見えない(残念!)のですが、かぼちゃの顔付きのパンツをハイハイやたっち期の赤ちゃんに穿かせるとかわいいと思います!


スポンサーリンク

ハロウィンの赤ちゃん用かぼちゃ衣装を手作り まとめ

いかがだったでしょうか。

100均のフェルトを使って簡単に作れる衣装をご紹介しました。

赤ちゃんのお尻ってまんまるでかわいいですが、ぜひ顔付きのかわいいカボチャパンツを作ってあげてください。

ハロウィン当日の簡単アートなカレーはこちらの記事にまとめています。ひと手間だけでかわいいデコカレーができますよ。

おすすめ!>>ハロウィンのカレー献立を画像でご紹介。盛り付け例とおばけカレーの簡単作り方!

-ハロウィン
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.