ハロウィン

ハロウィンのお面製作 かぼちゃなどをかわいく手作り!保育園でも

投稿日:

ハロウィンといえば仮装がお楽しみですが、お面で楽しく手軽に仮装してみませんか。

そこで今回は牛乳パックで簡単に作れるかぼちゃなどのかわいいお面の手作りの方法をご紹介します。

ぜひ子供といろんな形で作ってみてください。

  

ハロウィンのお面製作

こちらが完成形の写真です。

牛乳パックを使っているので顔の部分もしっかりしていて頑丈です。

例ではカボチャのジャックオランタンとカブトムシで作っています。
好きなモチーフで作ってみてくださいね。

では、必要な材料について見ていきましょう。

ハロウィンのお面作りに必要な材料

・色画用紙
・牛乳パック1枚
・輪ゴム

色画用紙はこちらのものを使用しています。

 

必要な道具

・はさみ(カッター)
・のり
・ペン
・ホッチキス
・セロハンテープ

ハロウィンお面の工作 詳細手順

それでは詳細な手順を写真でご紹介していきます。
作業時間は20分ほどでつくれますよ。

手順① 牛乳パックを切り出す

まず、牛乳パックを手で開き、広げたところを下図のようにハサミを入れ、4つに切ります。

切れたところがこちらです。
少し硬いので子供が切る場合は注意してあげてください。

1枚の牛乳パックから4枚お面を作ることができます。

 
ここにマジックで好きな絵を描きます。
目の部分に〇を描けばお面をつけても見えるお面になります。

そしてハサミで切っていきます。
目の部分はカッターで切り抜くか、こんな風に牛乳パックの折れ目のところからハサミを入れて切り取ってもOKです。

こんな風にできました。

スポンサーリンク

手順② 色画用紙を貼る

では、次に先ほど切り出した牛乳パックを色画用紙の上に載せてペンなどで形を写し取り、ハサミで切ります。

目をくりぬく部分も、色画用紙なら紙を軽く折って切ればくりぬくことができます。

牛乳パックに糊をつけて色画用紙を貼ります。

かぼちゃの顔のパーツなどをマジックで描きます。

 

手順③ お面に帯をつける

次に帯を作っていきます。

黒い色画用紙を3センチ×20センチの長方形に切ります。
これはお面1つにつき2本必要です。

次に輪ゴム2本を下図のように絡ませてきつくひっぱり、お面の長さを調節する部分を作ります。

この輪ゴムをこんな風に2本の黒い帯の端を折って引っ掛け、ホッチキスで留めます。

お面と黒い帯をホッチキスで留めます。

これで完成ですが、ホッチキスを留めた部分の裏側は針が出ていて危ないので、セロハンテープを上から貼っておくと安全です。

 
こんな風にできました。

他にもハロウィンならお化けや猫、こうもり、コスプレなら何でもあり!と好きなアニメキャラクターでつくってもいいですね。

ハロウィンのお面 幼児とできる作り方 まとめ

いかがだったでしょうか。

ハロウィンのお面を子供と簡単に作る方法について紹介してきました。
これなら、家にあるものですぐに作れてハロウィンの仮装ができて、写真も撮れます♪

皆さまもぜひ楽しみながら作ってみてください。

一緒に読まれている人気記事です。
かわいいお花のメダルの作り方3選を紹介しています。
おすすめ!幼稚園保育園のメダルを折り紙で 卒園等の行事に手作りで!紐長さもご紹介

スポンサーリンク

-ハロウィン
-, ,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.