彼女にクリスマスプレゼントは必要?彼女の本音は?いらないと言われたら?

彼女にクリスマスプレゼントは必要?彼女の本音は?いらないと言われたら?


クリスマスになると考えるのがクリスマスプレゼントをどうするか?ですよね。
キリスト教徒でもないのにクリスマスにプレゼントをあげる必要なんてある?と思う方でも、大切な彼女がいれば、プレゼントをあげるべきかどうか迷うと思います。

今日はそんな方のために、彼女へクリスマスプレゼントが必要かどうかを一緒に考えてみたいと思います。
女性の側からの本音のクリスマスプレゼントへの思いもご紹介しますね。

スポンサーリンク
  

彼女にクリスマスプレゼントは必要?

彼女にクリスマスプレゼントはあげるべきなのでしょうか。
今、あげるべきかどうしようか迷われている状態だと思います。

そもそもなぜ迷ってしまうのか、迷う理由について1つずつ見ていきたいと思います。

何をあげればいいのかわからない

この問題はよくありますね。
そもそも、異性なのですから何が欲しいのかよくわからないというのは当然です。

そんなときは、まだ付き合って初めてのクリスマスであれば、できるだけ無難なものを選んでおくのが吉です。
間違っても持ち帰るのに大変な「大きなぬいぐるみ」や100本のバラの花束などは贈らないようにしてください(笑)

クリスマスが近いが、お金がない

これも、学生さんや社会人になりたての方の場合はしょうがないですよね。
でも、本当にあなたのことを思ってくれる彼女なら、金額は気にならないと思います。

貴方がクリスマスプレゼントに出せるお金で考えて買ったプレゼントなら、きっと喜んでもらえると思いますよ。
要は思いやりなんだと思います。

愛さえあればプレゼントはいらない?

確かに、愛があればお金や物をあげる必要なんてないように思いますが、付き合って何年もたっていたり夫婦だったらともかく、付き合いたてのカップルではこれは当てはまりにくいと私は考えます。

特に、女性は「本当に私のことを大切に思ってくれているなら、プレゼントという形ででも、愛を表現してくれるはず」と期待しています。
えー、面倒くさい、と思われるかもしれませんが(笑)、そういうものなのです。

愛さえあればお金なんていらない、というのはきれいごとで、なんらか自分にお金をかけてくれていると感じられることは、愛されていると感じることと同義なのですね。このお金をかけてくれている、というのはクリスマスプレゼントだけに限らないので、他の形でもいいので彼女に何かを普段から与えられていればそれでもいいのですが、クリスマスというイベントはわかりやすいのでクリスマスでもその愛を表現してほしい、と無意識に思っている女性は多いと思います。

この辺の女性心理については次の章で見ていきますね。

彼女のプレゼントに対する本音は?

さて、彼女はクリスマスプレゼントは欲しいと思っているんでしょうか。
これは、私女性の立場から考えてみますね。

これは、普通の女性ならクリスマス付近のデートでは、クリスマスプレゼントというものはかなり意識をしていると思います。

だってですよ?
11月、12月になるとどのファッション誌でもクリスマスにおねだりしたいプレゼントリスト〇〇選!みたいな特集が組まれています。

そういった特集ではたいがい高額なジュエリーやバッグなどがプレゼントとしておねだりすべきものとしてあげられていますが(笑)
「おねだり前提って・・・」と突っ込みを入れたくなると思います。

でも、女性はクリスマスというイベントに何らかの期待を抱き、雑誌で紹介されているような何十万円もするようなプレゼントをもらえなくとも、何か自分のために選んでくれたプレゼントが欲しい、と思ってしまうものなんです。

彼氏が自分のために選んで買ってくれた、というプレゼントを身に着けるだけで誇らしくなると思います。
何人もの男性とお付き合いをされているような方はちょっとどうかわかりませんが…(笑)

ですので、クリスマスプレゼントを贈るべきかどうか迷ったら、可能なら迷わずに用意するべき、と私からはお答えします。

クリスマスという行事を楽しもう

そもそも、貴方がクリスマスなんて興味がない、という場合。
でも彼女の方はクリスマスデートを楽しみにしていれば温度差が生まれてしまいますよね。

そういうときは、二人でクリスマスという行事をたのしんでしまう!というのをおすすめします。
クリスマスという行事を2人で思いっきり楽しめるのって実は結婚前だけだったりします。
そして、クリスマス前のイルミネーションや街のショーウィンドーにわくわくしてみたり。
こんなことができるのもカップルの特権なんですよね。

結婚して、子供もできるとそうも言っていられません(笑)
子供のために親としてサンタになったり、クリスマスのディナーを作ったり忙しいです。

そういったわけなので、カップルで楽しくクリスマスを過ごせるのも一生のうち何回か、数えるほどだということを意識してみてください。
ちょっと大げさでしょうか?
でも、「行事に踊らされるなんて・・・」と冷静に構えるのではなく、「せっかくのクリスマスという彼女と楽しめる機会を思いっきり楽しんでやろう」くらいのつもりで臨まれるのがいいかと思いますよ。

クリスマスにわくわくした思い出も後から思い返すときっと素敵なものとして心に残りますよ♪


スポンサーリンク

クリスマスプレゼントをいらないと彼女が言ったらどうする?

よって、彼女が「クリスマスプレゼントは別にいらないからね」と事前に言ってきた場合。
クリスマスのデートにプレゼントを用意すべきかどうか悩むと思いますが、その彼女との初めてのクリスマスならば高額すぎないプレゼントを用意してみたらどうでしょうか。

「プレゼントはいらないって言っていたけど、なんだかあげたくなったので買っちゃった。よかったら使って。」と押しつけがましくない感じで言われると好感度高いですよ。

彼女の方も、「何かクリスマスにプレゼントが欲しいっておねだりするのも気が引けるし、これと言って今欲しいプレゼントもないしな・・・」
と考えてクリスマスプレゼントは不要、と言ったのかもしれません。

女心を読み取るのはすごく難しいと思うのですが(笑)、私だったら、いらないと言っていても自分のために用意してくれたとなると、それが付き合いたてであればあるほど、すごくうれしく感じると思います。
今ではもう付き合って10年、結婚して5年以上たっているので事前に断りなく何万円もするものを用意してくれていたら「わたしに聞かずにこんな高いものを買って・・・!」と思ってしまうかもですが(笑)


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
クリスマスプレゼントを彼女に用意するかどうか、はたして必要なのかどうかというのは迷うところだと思いますが、迷うならぜひ用意してクリスマスという行事を楽しむのがおすすめです。

彼女に「クリスマスプレゼントなんていらない」ともし言われれば、来年からは物ではなく、ディナーなどだけプレゼントすればいいですし。
女性は「自分のために特別に選んでくれた」という特別感が嬉しい生き物なんです。

ぜひ、今年のクリスマスは彼女のためにクリスマスギフトを用意して、とっておきの1日を過ごしてくださいね。