社会人関連

退職理由で引っ越しの嘘はばれる?2つの対策方法があるので大丈夫!

投稿日:

仕事を辞めるとき、無難な理由を、と思って引っ越しをすると嘘をついて
しまった、とお困りのあなた。

退職理由を引っ越しにしていた場合、その嘘がバレてしまう原因は何で、可能性はどれくらいあるのでしょうか。

そこで今回は嘘がばれてしまう可能性別に、対策方法を3つご紹介します。

  

退職理由で引っ越しの嘘はばれる?

退職をするときは、つい実際とは異なる理由を言いがちです。
新しい仕事をしたくなって転職、なんて前向きな理由ならいいのですが、実際には

・職場の人間関係が辛すぎる
・待遇が割に合わなさすぎる

なんて理由でやめる人の方がずっと多いのではないでしょうか。

そして、その場合は上司や会社に本当の理由を言うわけにもいかず、「親の介護で引っ越すことになりました」、「夫の転勤で引っ越すことになりました」なんて無難な嘘をついてしまいがちですよね。
その事情、お察しします。

そうでも言わないと、なかなかやめさせてくれないような会社もありますし、大変なところです。

でも、引っ越しを理由にやめたのに、引っ越しの予定がない場合。
どのような原因で退職理由のうそがわかってしまう可能性があるでしょうか。

①離職票等必要書類の送付

有給休暇を取得して家にいながら退職日を待つ、という人は結構多いと思います。
その場合、普段は手渡しやメールで送られる給与明細が郵送になって自宅まで送られてくる、なんてことはよくある話です。

また、離職票は退職後に会社がハローワークに行って手続き後、退職者に送付してくれるものですが、退職後でないと作成ができません。
でも、この離職票は失業手当をもらうために必要な書類ですので忘れずもらいたいところです。

そして、そういった必要書類の送付のために、「退職後に書類を送りたいのだけれど、新しい住所を教えてください。」と事務の人に言われる可能性があります。

ここで、「引っ越しのウソがばれてしまう!」と焦ってしまいますが、焦る必要はありません。

郵便局の転居届があるから大丈夫!

郵便局には引っ越すときに出す、転居届というものがありますよね。
引っ越し後、1年間旧住所に届いた郵便物を新住所に転送してくれるサービスです。

ですので、事務の人に新しい住所を聞かれた場合は
「まだ引っ越しはあくまで予定で、日が決まっているわけではないんです。
でも、転居届がありますのでこれまでの住所に送ってもらえれば届くので大丈夫です。」と言えばOKです。

こうすれば、会社に新住所を教える必要はありませんね。

変に焦る必要はありません。
また、転居届を出しても、通常は郵便局員が第三者に新住所を教えることはありません。
そのため、会社の人が郵便局まで行って転居を本当にしているのか?調べることは難しいと思います。
ですので、心配しないでくださいね。

また、「新しい住所を念のため教えてほしい」と言われても、「引っ越しすることは決まっているが、どの物件に住むかはまだ決定していません」と言えば大丈夫ですよ。


スポンサーリンク

②会社の人に遭遇するかも!?

また、次に考えられるのが、引っ越しすると言っておきながら、会社の近所で会社の人に遭遇する可能性です。

よっぽど会社の近所に住んでいる人なら、「引っ越しするので退職します」といううそをつく人は少ないのでは、と思います。
それでも、会社の人に容易に遭遇するところに住んでいるのに、引っ越しという嘘をついてしまったケースはあると思います。

そんなときは、身もふたもない言い方ですが、「開き直り」が大切です。

街で会社の人を見かけても、自分から積極的に話しかけたりはしなくてOKです。
でも、どうしても近くで目にすることがあって声をかけないとおかしい状況になったときに初めて話せばいいのです。

そして、そのときも自分から「いやー、実は引っ越しというのはうそだったので・・・」などと弁解する必要はありません。

向こうが「なぜまだここにいるの?」と聞いてきたときには「それはちょっと事情がありまして…どうかお察しください。」なんてにごせば大丈夫です。

大丈夫です、会社を辞めるときに誰もが嘘の1つ2つつくということを、ある程度社会人経験のある人はみんなわかっていますので神経質に考えなくても大丈夫ですよ。

仮にその、遭遇した人が会社に戻ったときに「〇〇さん、実はまだ引っ越してなかったみたいだよ」と言いふらしたところで、会社をやめたあなたにはもう、関係のない話ですから堂々としていればOKです。

退職するのにまっとうな理由なんて必要ない

最後にお伝えしたいのが、会社を辞めるのにまっとうな理由なんて必要はない、ということです。

立場の弱い労働者の方が守られている、という法律がありますから被雇用者はきちんとした理由がなくても、14日以上前に退職の意思を伝えれば辞められることになっています。

引っ越しをする、と嘘を言ったのはあなたが会社に対して本当のことを言わない、という「大人の対応」をしたまでのことです。
会社もその理由を100%真に受けているわけではありませんし、嘘がわかったらどうしよう、なんて心配する必要はありません。


スポンサーリンク

退職理由で引っ越しの嘘はばれる? まとめ

いかがだったでしょうか。
退職理由の無難な嘘としてよく使われる、引っ越しのウソがばれないかどうか、についてご説明してきました。

結局、神経質に考える必要は全くないということです。

「職場の人には迷惑をかけながらやめてしまったな」と気に病むこともあるかもしれませんが、もうあなたはすでに新しい一歩を踏み出しています。

次はより、あなたが続けられる仕事を見つけるなり、新生活を楽しむなり建設的に考えていってくださいね。
応援しています!

CHECK!>>あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

 
こちらの記事もよく読まれています。
⇒退職理由は言いたくない!無難な理由は?嘘をつくとばれるの?

-社会人関連
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.