バレンタイン

バレンタインの自分チョコ 男が買うのは恥ずかしい?スイーツ男子と呼ばないで

更新日:


近年、おいしくて希少性のあるチョコレートが日本でも多く手に入るようになり、
バレンタインに自分でチョコを買う、「自分チョコ」も増えていますね。

世界のショコラティエのチョコがこの時期だけ手に入るなど、
楽しみがいっぱいですよね。

それでも、男性が自分でチョコを買うのは恥ずかしいと思っていませんか。

そんなあなたに恥ずかしくない方法をご紹介します。

  

バレンタインの自分チョコ 男が買うのは恥ずかしい?

バレンタインの季節になると、世界中の希少なチョコレートが百貨店などに並び、
あの上質なカカオを楽しめる、と思うと嬉しい季節ですよね。

でも、やっぱりまだまだ「チョコレートは女性が男性に贈る物」のイメージがあります。

実際、自分でチョコレートを買いに行くのも、少し恥ずかしいですよね。
百貨店の催事場などで、女性客でごった返している中、チョコを買うというのは気が引ける人もいると思います。

では、なぜチョコレートを男性が買いに行くのは恥ずかしいのでしょうか。

チョコレートがもらえない寂しい人だと思われそう

チョコレートは女性からの贈り物だから、男性はもらう側。
だから自分で買うなんて寂しい人、と思われるという発想です。

でも、今はバレンタインのチョコレートもかなり多様化しており、
チョコ=女性からのプレゼントとは限らないですよね。

また、近年チョコレートはますます芸術の域に達しているほど
おいしく、多彩になっていますし。

だいたい、チョコレートをもしもらえるとしても、自分が好きな、ひいきのブランドのものがもらえる可能性は限りなく低いです(笑)

自分で自分好みのチョコを買いたいってもんですよね。

男性なのに甘いもの好き?と思われそう

男性で甘いものが好き=女々しい、これも安易な考え方ですよね…
でもこの風潮が残っているのは確かです。

私も女ですが、いまだに一人でラーメン店に行くのは抵抗があります(笑)

でも、甘いものがおいしいと感じるのは人間の普遍的な本能ですから!
と私は断言させていただきます。

バレンタインのチョコレートを男性が買う方法

では、チョコレートを男性が恥ずかしくなく買う方法をご紹介します。

一番は
堂々と買う

これに尽きると思います。

いきなり精神論か?と思われるかもしれませんが。

「恥ずかしいなー」なんて思ってそそくさと買っていると
周りからも挙動不審な人、と思われてしまいますよね。

でも、チョコレートは本当においしいから買う!と思って堂々と買えば
全く問題ありません。

というか、お店の人もチョコレートを買ってほしいので全然ウェルカムだと思いますよ。

 
また、考えてみてください。

ショコラティエの人も、パティシエの人も、活躍している人には男性が多いと思いませんか?

実際はお菓子業界は体力勝負!の面があったりするので男性が多くなっている側面もあるかとは思いますが、
女性だけが甘いものに目がなかったり、チョコレートにこだわるわけじゃないですよね。

今時のチョコレートは本当においしいので、男性も味わわないのはもったいないんです!
ですので、堂々と買いに行くといいですよ。

スーツを着て買う

スーツを着てびしっと決めた状態でチョコレートを買うと、
「営業で取引先に渡すのかな?」「業務の一環で来ているのかな」と思ってもらえるかも。

そうでなくても、Gパンにスウェットパーカーで行くより、ずっときちんとしていて
とても「自分にチョコがもらえないから買っている人」にはとても見えません。
男の勝負服であるスーツで決めて行くのがおすすめです。

彼女、奥さんと買いに行く

これは私の友人もしていました。

女の人と買いに行けば、2人でチョコを一緒に選ぶので抵抗がないとのこと。
でも結局、自分だけがチョコを買い求める行列に並んでいたりで奥さんは
待っているだけ、になることも。

それだったらあんまり意味がないですね(笑)
ぜひ、チョコ大好きな女性と一緒に行くことをおすすめします。

通販でチョコレートを買う

通販でチョコレートを買うことも、もちろん可能です。

といっても、通販で買えるのは大量生産型のチョコだけじゃないのー?と
思いがちですよね。

でも、最近はあのサロンデュショコラでもオンライン販売があったり、希少チョコに関してもネットで買えるようになってきているんです。

★伊勢丹サロン・デュ・ショコラのオンライン販売サイト
https://isetan.mistore.jp/onlinestore_shinjuku/sdc/index.html

こちらでの買い物も争奪戦になるのは必至ですが、事前に予習をして、万全の態勢で臨むことをおすすめします。

思ったほど他人は自分のことを見ていない

そして、これも大事です。
人は、良くも悪くも思っているほど自分のことなんて見ていないものです。

例えば私も、コンビニで「朝からこんな大きなパン食べるの?」って思われたらどうしよう、
なんて思って買えなかった商品がこれまでたくさんありますが(笑)

「そんなこと店員さん、気にも留めてないって。自意識過剰すぎ(笑)」と主人に言われました。

他人が何を買うかなんてどうでもいいし、特にそれについてどうこう思う人はあんまりいないかと思います。

ですので、自分が思っているほど、他人は自分のことなんて見ていない
と思って堂々と買いに行ってくださいね。


スポンサーリンク

スイーツ男子と呼ばないで

でも、バレンタインのチョコを男性が買いに行くのに恥ずかしくない方法を見てきましたが
「甘いものは女性が好きなもの」とか、
「チョコは女性が買うもの」とか

いちいち決めつけが多いですよね。

「スイーツ男子」なんて言葉もあります。
スイーツが好きな男性という意味ですが、ここにはちょっと女性寄りな、とか幼いとか
そんな意味も込められている気がして、十把一絡げにスイーツ男子とか
言われるのは嫌
ですよね。

「男子」という言葉の時点で、いやいや、子じゃなくてちゃんとした大人だから…!
と怒りたくなります。

それに単に甘いもの好きの男性、なんてひとくくりにされるのは
なんかセンスないなーと思います。

甘いものなら何でもいいわけじゃなく、丹精込めて作られた
芸術的なチョコレートを私は求めているんだ!という人は多いと思います。

でも、今は望めば世界中のおいしいものが手に入る時代。
男性も女性も、嗜好はいろいろなので自分がおいしい、と思うものを食べないと損ですよね。


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

バレンタインの自分チョコを男性が買いに行く場合に恥ずかしさを減らす方法を
ご紹介しました。

今は多様性の時代。
男性だから/女性だから を考えずに、恥ずかしがらずにおいしいものを思いっきり食べたいですよね。

今年のバレンタインでおいしいチョコレートの出会いがありますことを
お祈りしています!

-バレンタイン
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.