マナー

結婚式の平服指定 女性は何を着れば恥をかかない?バッグと靴もご紹介

更新日:

結婚式やウェディングパーティーに平服でお越しください、と招待されたけれど、女性ならどういったものを着ていけばいいの?とお悩みのあなた。

そこで今回は平服指定があったときに女性は何を着ていけば間違いないのかを実際に平服指定の結婚式に参加した経験もふまえてご紹介します。

合わせるバッグと靴もご紹介しますね。

  

結婚式の平服指定 女性は何着る?

結婚式の招待状に「平服でお越しください」とあった場合。
実はこれって平服指定がない、普通の結婚式よりも何を着ていけばいいのか難しく、ちょっと悩んでしまいますよね。

わたしも一度経験がありますが、平服での参加で、と招待状に書かれる場合は以下のような場合が多いようです。

・式のみの招待(披露宴は招待なし)
・レストランでなどカジュアルな結婚パーティー
・会費制の結婚式・披露宴

平服の意味と意図とは?

ところで、平服(へいふく)の意味とは何でしょうか。

文字だけ見ると普段着、という感じがあり、もちろんそういった意味もあるのですが結婚式、ウェディングパーティーの場合での平服は「礼装でなくてもOKです」という意味なので、まるっきりの普段着はNGです。

これを知らずに普段着の格好で行ってしまうと会場で浮いてしまいますよね。

この、「礼装でなくてもOKです」、というのは「礼装・準礼装の装いをしてもらうとゲストに準備が負担になるので、略礼装で来てください」という意味が込められています。

つまり、主催者(招待者)側のへりくだった気持ちが込められているのですね。

式のみの招待だったり、会費制の結婚式だったり、「満足におもてなしをできないかもしれないし、負担にならない程度の格好で来てほしい」という招待者側の意図が込められているのです。

ですので、略礼装でOKですが、基本は結婚という大切な節目のセレモニーに参加するのにふさわしい恰好をした方がいい、ということになります。

略礼装とはどんな格好?

ただ、この略礼装というのも難しいですよね。

基本的には女性の略礼装は膝が隠れる上品なワンピースまたはドレスが好ましいです。

略礼装であってもお昼間の式・パーティーなら肩が出ない方が望ましいのでノースリーブのワンピースの場合はボレロやショール、ジャケットを合わせてくださいね。

 

素材や柄は?

素材はシルクや化繊のものがよく、略礼装であっても綿が入ったものはカジュアルに見えるのでやめておいた方がいいですね。

柄に関しては礼装・準礼装にはプリントされた柄はNG、というルールがあります。
柄でも織られたものならOKです。

略礼装であっても柄は避けた方が無難ですが、どうしても柄物が着たい、というのであれば上品な柄ならぎりぎりOKかな、といった感じです。
これはお呼ばれした会場がどういった格式のものであるかも加味して判断するといいかと思います。

ホテルでなら無地の方が無難ですし、カジュアルなレストランならプリントの柄物もOKかな、といったところです。

パンツスタイルはOK?

平服にパンツスタイルは含まれるのか?というのも難しい質問です。

昔に比べて女性のパンツスタイルは市民権を得てきた感じはありますが、まだワンピースよりは格下であることは変わりがありません。

そのことを理解したうえで、華やかで上品なスタイルになるように配慮すれば着用はOKです。
また、平服とはいえ、就活スーツのような恰好はビジネス向け(=普段着)となってしまいますので避けた方が無難です。

 
ここまで読んでいただいて、「えっ?」と思われた方も多いのではないでしょうか。
そうなんです、平服の略礼装、といっても普通の友人ゲストとしての結婚式の装いとほぼ変わりがないのでは?と思われたかもしれません。

実は最近の日本の結婚式・披露宴を見ている限り友人女性の格好はかなりカジュアルになってきています。

本来、結婚式・披露宴には礼装や準礼装で参加すべきところを略礼装の装いで参加する人も多い印象ですね。
ですので、日本の結婚式の準礼装が略礼装に寄ってきている傾向があります。

ですので、平服指定であっても、普通の結婚式の服装より大きくカジュアルダウンする必要はなく、むしろ「普通の結婚式に行くときと変わらない格好で行こう」でOKなのです。

迷ったときは、「ちょっとフォーマルすぎる?」くらいの格好の方が安心です。

「周りよりフォーマル・上品すぎて浮いて恥ずかしい!」よりも「周りよりカジュアルすぎて浮いて恥ずかしい!」の方が恥ずかしく感じるのは明白ですし、当日慌てないためにも、迷ったら上品なスタイルを選んでおく、くらいの考え方で大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

結婚式の平服のバッグはどうする?

同じように考えると、バッグに関しても普段ゲストとしてお呼ばれされるときのカバンの選び方と同じで大丈夫です。

物がたくさん入る普段用のバッグは避け、あくまでも小さいパーティーバッグを持ちます。
パーティーバッグは物がほとんど入らず、長財布を入れるのも難しいものが多くありますが、皆さんどうしているかというと、結婚式の日は小さながま口のような財布に最低限のお金とカードだけを入れて持ち歩かれている方が多いようですよ。

 
また、普段から気をつけられているかもしれませんが、紙袋等を持つのは避け、サブバッグもフォーマル用の上品な素材のものを持つといいですね。

結婚式の平服靴はどうする?

足元に関しても、平服とはいえ崩しすぎるのはNGです。

基本はヒールのあるパンプスが好ましく、普通の結婚式ではNGとされているオープントゥやストラップ付サンダルもぎりぎりOKと考えておけば大丈夫です。

また、どんな会場でも必ずストッキングをはくことは忘れないでくださいね。
平服の場合は、肌がきちんと透けるようなものなら、黒などの色付きストッキングもOKかと思います。

色数にも気を配って

平服とはいえ、フォーマルな場なので、使う色数にも配慮した方がすっきりとおしゃれに見えると思います。

使う色は全身で多くても3色くらいにまとめるとすっきり見えますよね。

そのためにも、バッグと靴の色を合わせると無難にまとまって見えると思います。

実際の平服指定時の女性の服装は?経験談

ちなみに、管理人は以前結婚式用の教会会場で行われるウェディングに式のみ、で平服指定で招待されたことがあります。
そのとき私は化繊の袖ありワンピース+エナメルのクラッチバッグ+オープントゥパンプスで出席したことがありましたが、特に浮くこともなく、安心しました。

この恰好は平服の割にどちらかというときちんとしたコーデだと思います。
結婚式がきちんとした教会で行われる、というのを意識してのことです。

実際、当日行ってみるとパイプオルガンやステンドグラスのある厳かな雰囲気の教会だったのでこれくらいのコーデでもフォーマルすぎることはなかったな、と思いました。

ただ、周りを見るとレーストップスにボトムスはきれいめのガウチョパンツ、くらいのカジュアルな人もいたので人それぞれかな、と思いました。
明らかに綿や麻のような素材の方もいましたし。

親族の方も、新郎新婦のご両親は第一礼装で留袖やモーニングを着られていましたが、新婦の兄妹くらいの間柄だと上下色の違う切り替えワンピースなど、結構カジュアルだな、という印象でした。

そして、バッグはパーティーバッグを持っている人は少なく、普通の革のショルダーバッグを持っている人が多い印象でした。

そして参考までに書くと、ヘアセットをおそらく美容院でしてきたようなパリッとしたものにされている方は親族以外ではお見掛けしませんでした。
ヘアセットはお金もかかりますし、平服指定だとまず力を抜ける部分なのかもしれません。

長めの髪の毛の人でもダウンスタイルだったり、後ろでひとつ結びだけだったりの髪型の人もいましたよ。

私も自分でこちら↓の動画の通りの髪型を作りました。

私の髪の毛はかなり硬く、まとまりが悪いのですが動画の通りにやると比較的簡単にでき、感動です♪
半日髪型をきれいにキープすることができました。

必要なのはゴム3本とヘアピン数本くらいですし、手軽にできると思います。

ロングの髪型で自分で結婚式ヘアセットをどうやろう?と迷われている方にはおすすめします。

あと、アクセサリーも自由な感じで、大ぶりのピアスの人もいればカジュアルなバレッタを付けている人も。

実際のところの平服指定でのお呼ばれについてまとめると、
さすがにジーパンみたいな人はいませんでしたが、きれいめで常識的な格好さえしておけば、そこまできちんとしたコーデにしなくても大丈夫なのだな、と思いました。

スポンサーリンク

結婚式の平服指定 女性は何着る?まとめ

いかがだったでしょうか。

意外と難しい平服指定の場合の結婚式に女性ゲストが着るべき服装についてご紹介してきました。

ぜひ、参考にされてみてくださいね。

おすすめ!>>結婚式で親族にかける言葉 ワンパターンにならない好印象例文3選

-マナー
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.