自然とふれあう

明石海峡公園のチューリップの見頃はいつ?周辺ランチ情報とアクセス方法も

更新日:

春に兵庫でお花を楽しむスポットといえば淡路島国営明石海峡公園ですよね。

広大な敷地に20万株のチューリップが咲く様子は圧巻です!

家族みんなでのびのびリフレッシュできちゃいますよ。
ここでは明石海峡公園のチューリップの見頃時期とアクセス方法、周辺のランチ情報についてまとめていますよ。

家族、友人、そして恋人とぜひ春の明石海峡公園を楽しんでくださいね。

  

明石海峡公園のチューリップの見頃はいつ?

まずはこちらをご覧ください。
2017年の明石海峡公園のチューリップ開花の様子です

広ーい園内に、贅沢に咲き乱れるチューリップがとっても美しいです。
また、すごく丁寧にお手入れされているのがわかりますね。

チューリップの開花時期は

例年、明石海峡公園のチューリップは4月上旬~中旬に見頃を迎えます。

そして、その数なんと20万株です。
また、品種も240種類ほど、と「そんなにチューリップに品種があるの?」と、まずそこから驚いてしまいそうなすさまじい種類のチューリップが楽しめるんです。

また、チューリップを楽しむのであれば「月のテラス」というエリアに行って見てください。
チューリップと海の景色を同時に楽しめるので人気がありますよ。

明石海峡公園はネモフィラも有名

ところでネモフィラというお花はご存知ですか?
道端でもよく見かけるオオイヌノフグリという花を大きくしたような可憐な花なのですが、明石海峡公園ではこのネモフィラも有名なんです。

こちらも65,000株という株数を誇ります。

上の動画(4月12日に撮影されたものだそうです)の1:30あたりからをご覧ください。
色は桔梗のような、とってもきれいなお花ですよね。

こちらのお花は4月中旬から5月初旬が見頃です。

ですので、チューリップもネモフィラも楽しみたい!という貪欲な方は4月中旬に行くのをおすすめしますよ。

チューリップは見頃を過ぎつつある花も出てくるかもしれませんが、ネモフィラとチューリップが一緒に咲いている景色はとっても美しいです。

特に春は園内、どこを撮っても絵になりますからいいカメラを持って行くのをお忘れなくですね。

リビングストンデージーもおすすめ

また、ネモフィラと同じころ(4月中旬から5月初旬)にリビングストンデージーというかわいいお花も見頃を迎えます。

こちらも約15,000本、と「陽だまりの丘」に群れるように咲く様子は美しいです。

ここまでご紹介しただけでも、4月半ばはチューリップ、ネモフィラ、リビングストンデージーと豪華なお花の取り合わせが楽しめるので、大人気のシーズンです。

明石海峡公園は4月~5月が一番来場者が多いのですが、それでも広大な敷地があるため、ほとんど混雑を気にせずにゆっくり楽しむことができますよ♪

園内は遊具が多くのんびり楽しめる

そして、明石海峡公園の園内はカラフルな遊具がたくさんあり、子供さんも飽きずに楽しめますよ。
我が家のような2歳児だとそれでも遊ぶのは難しい遊具もありますが、敷地が広いので「わーーい!」と言いながらかけっこしているだけで十分楽しめます(笑)

GWくらいの暑い季節になれば、小さい子は水着か着替えを持って行くことをおすすめします。
噴水や浅いプールがあるので水遊びまでできてしまうんです♪

また、カップルの方だとゆったりと座って花や緑を楽しむだけで、素敵な時間が過ごせると思いますよ。

明石海峡公園の周辺ランチ情報

明石海峡公園はとっても広いので、その敷地面積の割にお昼を食べるお店が少ないかな、といった印象です。

休みの日などは日によってお弁当の出店などが臨時で出ていたりもするのですが、メインのレストラン「花屋敷」は園の端の方にあり、行きづらいと感じる人も多いです。

そこで、園内で食べる場合はお弁当を持って行くことがおすすめです。

園内は夢ハッチ号というかわいい乗り物(¥300/日)に乗って移動することもできるのですが、子供さんが一緒だとそうも頻繁に移動できないのが現実ですもんね。

スポンサーリンク

周辺には淡路牛を楽しめる絶景BBQも

そこで、明石海峡公園を出て、の話になりますが、車で10分ほどの距離にある「淡路ハイウェイオアシス」内にあるBBQハウス モスタージというレストランがおすすめです。

テラス席や店内から明石海峡大橋や神戸の街を見渡すことができる、絶景レストランなんです。

こちらのBBQでは「淡路牛の厚切り赤身肉セット」が1人前¥4,000円と、少しお値段がはりますが、もっとお手頃な価格のステーキランチなどもあります。

他にも、この淡路ハイウェイオアシス内にはスタバやミスドなどもあり、そちらでささっとお昼休憩するのもいいですね。

また、観覧車やドッグランもあるので、お昼に立ち寄るだけのつもりが長居をしてしまいそうです。
淡路の海産物もたくさん売っているので思いがけずお土産もたくさん買ってしまうかもですね。

すし富で新鮮な淡路の海の幸を

そして、同じく淡路ハイウェイオアシスに来たら行くべきなのが、すし富さんというお寿司屋さんです。

明石ならではの新鮮なお寿司を頂くことができます。
握りももちろんおいしいですし、海鮮ちらし寿司も人気ですよ。

明石海峡公園へのアクセス方法は?

住所:〒656-2307  兵庫県淡路市夢舞台8-10

アクセス方法
【車】:淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分
【高速バス】:本四海峡バス「大磯号」にて ★本四海峡バス株式会社の時刻表
【バス】:JR三宮駅より淡路島方面バスで約45分→夢舞台前バス停下車→東浦口ゲートまで徒歩3分

駐車場
約500台(¥500/1日)

入園料
大人:410円
小人(小中学生):80円

入園料は必要な公園ですが、あれだけ整備された公園がこのお値段で楽しめるのはむしろお安いかと思います。

また、明石海峡大橋とその周辺施設などの口コミはこちらから見られます。
CHECK!>> ⇒明石海峡大橋と周辺施設の口コミ【楽天たびノート】
 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

明石海峡公園は4月~5月が最も1年で見頃のお花スポットですよ。

散策してのんびりするだけできっと癒されますので、ぜひあなたの大切な人とお出かけくださいね。

-自然とふれあう
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.