七五三

七五三の撮影とお参りは同日にする?前撮りのメリットとデメリットをご紹介

投稿日:

七五三の写真撮影と神社へのお参りは同日にするか、別日にするかお悩みではありませんか。

そこで今回は前撮りのメリットとデメリットをご紹介。

判断するためのポイントもわかるのであなたのご家族にベストな選択ができますよ。

  

七五三の撮影とお参りは同日にする?

七五三の写真館での撮影と神社でのお参りは同じ日にするか、別の日にするか。
これは結構悩む問題だと思います。

一般的な七五三お祝いの1日(撮影とお参りを同日)というと、

①着付け、ヘアメイク
②写真館での撮影
③神社での祈祷
④食事会

というものになりますが、これを別日にして写真を前撮りにすると

【前撮りの日】
①着付け、ヘアメイク
②写真館での撮影

【お参りの日】
①着付け、ヘアメイク
②神社での祈祷
③食事会

という2日間で行うことが一般的かと思います。

TVのCMなどを見ていると、「前撮りキャンペーン」などが盛大に行われていて、七五三の前撮りは近年、より一般的に行われているのかな、と思います。

ただ、前撮りにもメリット、デメリットがあります。
それぞれに分けて見ていきます。

七五三の前撮りをするメリットは?

では、まず七五三の前撮りをするメリットから見ていきます。

小さい子供を疲れさせない

小さい子どもにとって、慣れない着物で何時間もいるのは疲れるもの。

さらに知らない大人の人に囲まれて撮影したり、お参りに行ったりは精神的にもしんどいものです。

朝から着付け~撮影~お参り~食事会、となると最低でも半日強は出歩くことになります。

「もう着物脱ぐ~!」となったり、途中でしんどすぎて寝てしまう子もいます。

特に3歳の子供の場合は、1日で撮影とお参りをこなすのはかなり大変、と思っておいた方がいいかもしれません。

3歳児は本当に癇癪を起こしたり、泣き出すと止まらない、というようなこともよくありますよね。
4歳以上になると感情のコントロールもうまくなってくるのですが。

そういうわけで、特に3歳の子供の七五三を同日に全て行うのはかなり覚悟がいる、と言えるでしょう。

前撮りのお得なプランを利用できる

前撮りといえば、やっぱり料金のお得さがメリットですよね。

前撮りとは違う着物でお参りできることも

レンタルの場合に限りますが、写真館で着物をレンタルして、七五三の神社へのお参り当日も着物を着る場合は別の着物を選べることも。

これなら2種類の着物を楽しむことができ、親としてもとっても楽しいですよね。

ゆったり撮影ができる

前撮りをすれば、撮影の日は撮影だけに集中すればいいので比較的ゆったり写真撮影をすることができます。

神社さんによっては、あらかじめ祈祷していただける時間を予約していることもあるので、「予約の時間に間に合うように神社に着かないと」と思うと気も焦りますし、写真をゆっくり撮影・選択できないこともあるかもしれません。


スポンサーリンク

七五三の前撮りをするデメリットは?

デメリットなんてないかも!?と思われがちな七五三の前撮りですが、デメリットもあります。
あなたのご家族にとって、そのデメリットは致命的なものなのか?を確認してみてくださいね。

日程調整が2回必要

2日間に分けて行うため、当然日程調整が2回必要です。
前撮りはスタジオでママと子供だけ、なら2回の日程調整でも大丈夫ですが、前撮り時からおじいちゃんおばあちゃんも見たい、もしくは一緒に写真に写りたいという場合は大変です。

写真撮影に誰が来る必要があるのか?という点をしっかり考えてみてくださいね。

トータルでかかる時間が多い

当たり前のことですが、1日で撮影とお参りをするのに比べて、2日に分けて七五三をする場合の方が2回ともにヘアメイク、着付けなどがかかるのでトータルでかかる時間が多いです。

これは特に女の子の方がヘアメイクにかかる時間が男の子よりも長めなので、感じることが多いようです。

子供のヘアセットだけならまだいいのですが、大人が両日とも着物を着て撮影・お参りに参加するとなるとなかなか大変です。

写真スタジオでの撮影は子供だけにして、大人はお参りの際に家族で撮るスナップ写真のみに写る、などするといいかもしれません。

レンタルの場合、お参り時のレンタル費用がかかる

子供の衣装が購入したものであればこの心配はありませんが、レンタルの時は神社へのお参りの時に衣装貸出料がかかってくることも。
せっかく前撮りプランで得をしていても、衣装貸出料が高いとトータルでは損をすることもあります。

また、大手写真館であれば後日のお出かけ時のヘアメイクは無料 のところもありますが、有料のところもあります。

また、そもそも別日には貸し出してくれないこともあるので要チェックです。

子供が日焼けしている可能性も

前撮りは夏~初秋にかけてすることが多いのですが、この頃は子供の日焼けがピークの時期です。

特に女の子の場合に、お着物やドレスは 白い、焼けていない肌で撮りたいかな、と思いますのでそこは注意が必要です。

結局七五三は前撮りすべき?同日ですべき?

ここまで前撮りのメリット・デメリットを見てきましたが、結局はご家族が何を最優先にされるのか、だと思います。

前撮りのメリット・デメリットを一覧にまとめますね。

【前撮りのメリット】
・小さい子供を疲れさせない
・お得なプランを利用できる
・前撮りとは違う着物でお参りできることも
・ゆったり撮影ができる

【前撮りのデメリット】
・日程調整が2回必要
・トータルでかかる時間が多い
・レンタルの場合、お参り時のレンタル費用がかかる
・子供が日焼けしている可能性も

ただ、個人的には三歳の子供さんの七五三をする場合は子供の体力、ご機嫌を考慮して、できるだけ2日に分けた方が親子ともにゆっくりと七五三を楽しめるかと思います。

子供が泣き叫んで衣装が濡れそうで親がひやひやしたり、子供の衣装が着崩れたり、といった心配も最小限で済むかと思います。

スポンサーリンク

七五三の撮影とお参りは同日にする? まとめ

いかがだったでしょうか。

七五三の写真撮影と神社での祈祷を同日にするか、別日にするか、前撮りのメリット・デメリットと共に見てきました。

どちらにも一長一短ありますね。

ぜひ、ご家族に合わせてベストの選択ができますよう、お祈りしています。
楽しい七五三の1日になりますように。

合わせて読まれている人気記事です。

おすすめ!>>七五三の母親の着物の選び方 小紋はあり?柄はどんなもの?写真でコーデを紹介

-七五三
-, ,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.