父の日

父の日の工作小学生からプレゼントを手作り!牛乳パックでできる実用的プレゼント

投稿日:

父の日にはお父さんに何か喜んでもらえるものをプレゼントしたいですね。

そこで今回は幼稚園~小学生くらいの子供さんが簡単に作れる、お父さんに毎日使ってもらえるプレゼントの作り方をご紹介。
お父さんが毎日使える実用的なプレゼント、ということでネクタイ入れの作り方を画像付きでご紹介します。

牛乳パックと折り紙など、家にある材料で簡単に作れますよ♪

  

父の日の工作小学生なら

父の日のプレゼントを簡単な手作りで。
ネクタイは大人の男性なら必ず持っているアイテムです。

そこで、牛乳パックで簡単に作れるネクタイ入れを作ってみました。

完成図はこちらです。

今回は2個ネクタイを収納できるようにしてみました。
毎日ネクタイを使うお父さんは何十本もネクタイを持たれている場合もあると思います。
そのときはもっとたくさん牛乳パックを使ってたくさん入るものを作ってみてくださいね。

牛乳パックのネクタイ入れの材料

必要な材料はこちらです。

牛乳パック2個
色紙
ガムテープ
マスキングテープ

当たり前かもしれませんが、牛乳パックはしっかり洗って乾燥させたものを使ってくださいね。

色紙は100円均一でもかわいい柄のものが売っていますよ。
マスキングテープも100均で買うことができます。

牛乳パックのネクタイ入れを作るのに必要な道具

必要な道具は以下のものです。

・定規
・ペン
・はさみ
・のりまたはボンド

では早速作っていきましょう。

父の日のプレゼント小学生の手作り手順

とても簡単にできるので作り方を説明しなくてもわかってしまうかもしれませんが、ご説明します。
30分もあればできますよ。

①牛乳パックに線を引く
ネクタイを端からくるくる丸めて牛乳パックを横に並べ、ネクタイの一番高いラインを牛乳パックに写します。

ネクタイは物に寄って微妙にサイズは違いますが、このネクタイは9センチくらいでした。
9センチくらいがネクタイの標準的な幅かと思います。

あとはこの9センチの高さになるよう牛乳パックに1周、底から9センチのラインを引きます。

この線を引いたものを2個用意します。

スポンサーリンク

②牛乳パックを切る

牛乳パックを先ほど引いた線で切っていきます。
牛乳パックは固いので、先に書いた線に届くまでに牛乳パックの角で下まで切り進めるようにするといいですよ。

同じように2個切り、その牛乳パックを合わせて1周ガムテープを巻きます。

③色紙を貼る
ネクタイ入れの側面に色紙を貼るため、鉛筆で側面4面の大きさを写し取ります。

のりや両面テープで色紙を側面に貼ります。

最後にマスキングテープがあれば、1周牛乳パックの上部のふちをぐるっと貼れば完成です。

ネクタイを入れるとこうなります。

父の日には牛乳パックでプレゼントを手作り

こうして完成したネクタイ入れは引き出しなどに入れて使ってもらってくださいね。
お父さんがネクタイをたくさん持っている、という場合はヘビーローテーションしているものだけでもこのネクタイ入れに入れてもらってもいいですね。

また、このネクタイ入れは靴下や他の小物を入れても大丈夫です。
牛乳パックは引き出しの間仕切りとして整理に大活躍するアイテムですので、可能ならお母さんに相談してお父さんの整理して収納すべきものが何なのか聞いてみてください。

スポンサーリンク

父の日には牛乳パックでプレゼントを手作り まとめ

いかがだったでしょうか。
父の日のプレゼントに、小学生が簡単に家にあるもので工夫して作れるものを ご紹介してきました。
ネクタイはお父さんにとってとっても身近なものですのでネクタイ入れなら毎日お父さんの役に立てると思いますよ。

ぜひ、お父さんにぴったりの色紙で作ってみてくださいね。

おすすめ!⇒父の日プレゼントを子供から。お金なくても手作りでも喜ばれるアイディア

-父の日
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.