淀川河川公園の桜祭りの楽しみ方 ランチと花見期間のバーベキュー情報も紹介

投稿日:

淀川河川公園背割堤地区の桜を楽しみたいと思っているあなた。

毎年4月に行われる桜祭りの満喫方法とランチ・お弁当情報をご紹介します。

また、例年桜の時期に行われるバーベキューについて2018年のルールはどうなっているか?も合わせてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

  

淀川河川公園の桜祭りの楽しみ方

淀川河川公園背割堤地区の桜はその圧倒的なスケールとのびのびした空間で大人気のお花見スポットです。

京都・大阪の間にあり都会の喧騒を忘れてゆっくりできるのが人気です。

↑こちらのツイートにもあるように、去年2017年は桜が遅めでした。
私も4月の初め頃に近くまで行ったのですが、桜が全然咲いていなかったのであきらめて帰りました。。

でも、さくら祭りが行われていたからか、付近の道路は混雑していましたね。

駐車場情報、アクセス情報についてはこちらの記事をご覧くださいね。
おすすめ!⇒淀川河川公園の桜は駐車場に注意!背割堤地区のアクセス方法も紹介

そんな桜まつりの楽しみ方についてご紹介します。

淀川河川公園のさくらまつりの日程

2018年のさくらまつりは3/31(土)~4/10(火)の11日間です。
そして、淀川河川公園の桜の見頃もちょうどこの頃です。

平成30年の今年から、従来の「八幡桜まつり」から「背割堤さくらまつり」に名称が変更になったそうですよ。

そして、様々な催し物が計画されています。

淀川をボートで楽しむお花見

さくらまつりの期間中は花見船のEボートにのることができます。

 
Eボートとは、交流を目的に作られたボートだそうで、EボートのEは

Everybody 誰でも
Easy   簡単
Enjoy  楽しく
Experience 体験する

という頭文字をとったものなんだそうです。
素敵ですね♪

さくらマルシェ

桜まつり期間中にはさくらマルシェという屋台も出ます♪

野菜やグルメ、スイーツなどから雑貨まで様々な店舗が出る予定とのことで賑わいが予想されます。
また、テーブル&椅子の飲食スペースも用意されています。

2017年にオープンしたさくらであい館では定期的に普段からマルシェを開催されていますが、さくらマルシェでは出店数も多いので一層楽しみです。

さくらであい館の展望台も楽しもう

さくらであい館という施設が2017年にオープンしたのですが、上のツイートはそこにある展望塔から撮影された写真ということです。

普段はこの展望塔、無料で上ることができますが、さくらまつり期間中は大人300円、子ども(小中学生)100円の有料となります。

天気のいい日は京都タワーまで見渡せるという、素晴らしい眺めをぜひ展望台から見てみませんか。

バードウォッチングも楽しい、のんびりも楽しい

他に淀川河川公園で楽しめるのがバードウォッチングです。

 
淀川河川公園付近は自然が多く残っているので、野鳥が自然な姿の生態が観察できます。

双眼鏡をもってお散歩したり、天気が良ければシートでお昼寝してみたり。
もう最高です。

 
また、個人的には時間に余裕がある人は桜がぶわーっと続く土手で普段はゆっくり読めない本を読むのがおすすめです。

さくらがきれいすぎて読書に集中できないかも?という懸念もありますが桜の絶景の中、のんびりと時間を使っている、という至福のときを過ごせます。
普段忙しく過ごしているからこそ、ゆったりと時間を使うことが最高の贅沢だったりします。

また、淀川河川公園は青々としたきれいな芝生スペースが多く、雨の後でなければシートもいらないかも?草の上に寝転んでみるのもたまにはいいですね。

桜並木を歩いてみよう

淀川河川公園背割堤地区の桜は芝生のきれいな土手のTOP付近に桜が植わっていて、桜があるところは舗装された道になって両側に桜があります。
ですのできれいな桜のトンネルになっているんです。

ただ、このトンネル部分は人が通行しながら桜を楽しむ場所であるため、シートを広げたりお弁当を食べたりするのは土手の芝生部分となります。

この土手に上の方から桜の枝が覆いかぶさるようにしだれているので、土手に座っていてもとても見応えがあるんですね。

淀川河川公園の桜は奥まで進み、帰りにまた同じ道を帰って引き返さないといけませんが、行きと帰りで川沿いの道を歩くのか、それとも土手の上の桜トンネルを通るのか、歩き分けるのがおすすめです。

土手を上がれる階段やスロープも何か所かありますので、上と下、両方を歩いて楽しんでみてくださいね。

淀川河川公園のランチはどうする?

淀川河川公園は素晴らしい花見の名所ですが、難点は近所にごはんやお弁当を買えるスポットがないことです。

八幡市駅の近くにスーパーとファミリーマートが1軒ずつがあるくらいですし、ランチできるようなレストランもありません。
お弁当は持ってくるのがおすすめです。

ただ、上述したさくらマルシェの屋台で購入することは可能なので、それを楽しみに行ってもいいですね。

また、さくらであい館では土・日・祝日にお弁当やアイスクリーム、スムージーを販売しています。

また、こんなきれいな無料スペースも用意されています。

桜の季節だけでなく、サイクリングなどの休憩にふらっと立ち寄るのも楽しそうですね♪


スポンサーリンク

淀川河川公園の花見期間のバーベキューについて

1点だけ注意なのが、さくらまつりのための準備や清掃のため、3/28~4/12はバーベキューの利用ができないと★さくらまつりの公式サイトにて発表されています。

無料で楽しめるBBQスポットとして人気ですが、2018年はお花見をしながらのバーベキューは難しそうですね。

また、この3/28~4/12の期間以外でも淀川河川公園のBBQは自分ですべての用具、食材を準備して行かないといけませんのでその点だけご注意です。


スポンサーリンク

淀川河川公園の桜祭りの楽しみ方 ランチと花見期間のバーベキュー情報 まとめ

いかがだったでしょうか。

淀川河川公園のお花見は本当に素晴らしいのでまだの人はぜひ行ってみてくださいね。

家族連れでゆっくりお弁当を食べるもよし、カップルでまったり楽しむのもよし。
一人で行ってじっくり桜を目に焼き付けるのもよしです。

元気がもらえる桜、というか「また来年、ここに来て桜を見られるように頑張ろう!」って思える桜ですよ。

一緒に読まれている関連記事はこちらです。
知らないと困ってしまいそうな駐車場、アクセス情報について書いています。
おすすめ!⇒淀川河川公園の桜は駐車場に注意!背割堤地区のアクセス方法も紹介

-
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.