ホワイトデー

友チョコのお返しは市販品でいいの?安いお菓子でも気持ち伝わるラッピング

投稿日:


バレンタインに思いがけず手作りの友チョコをもらったら、どうお返ししよう、と悩んでしまいますね。

今回は市販品のお返しでもOKなのか、その場合に安くでかわいいお返しをする方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

友チョコのお返しは市販品でいいの?

友チョコレートって、バレンタインに美味しいお菓子がもらえるから嬉しいですが、大変なのがホワイトデーの制度です。

いくらお楽しみの1つとしての友チョコでも、やっぱり礼儀としてお返しをしなければ、となりますし相手が手作りの凝ったものをくれた、という場合であればあるほど「こちらも手作りをしないとダメなの?」と疑問に思うかもしれません。

でも、結論から言うと、手作りでお返しをする必要はないです。

これは、なぜかというと友チョコを作って配っている側からすると、「好きで作って配っている」からなんです。

私も学生のときは友チョコを作って交換するのがすごく好きでした。
小学校高学年くらいから、受験などがない年は毎年バレンタインに何かしらをつくって周りにあげていたと思います。

で、そういう女子の心理としては

「バレンタインだし女の子らしいことしたい」
「友チョコを上手に作って、器用だと周りに思われたい」

というところなんですね。

1年に1回だし、女子っぽいことして楽しみたいし、それであわよくば自分が器用だと思われないかなー、って私も心の中では思ってました(笑)
みんながみんな、そんな下心ないとは思いますが、すみません。

ですので、そんな女子の心を満たすためには、
「もらったチョコレート、とってもおいしかったよ。さすが〇〇ちゃんだと思った。」
と、相手の手作りのお菓子をきちんと褒めて、プラスお返しの気持ちのお菓子を何かあげられればそれでOKだと思うんですよね。

そうすれば、向こうも「私のお菓子が好評だった」と思えてうれしいと思います。

 
たとえあなたが市販品を返したとしても、
「手作りに市販品で返すなんて!」なんて思う子はほぼいないと思います。

どうしても市販のお菓子で返すのが心苦しい場合は「私〇〇ちゃんみたいにお菓子上手に作れないんだよね。だから、買ったやつだけどよかったら食べて」と言って渡せると相手も立てられるし、角が立たないしでいいと思いますよ。

相手も、お返しをもらえたらやっぱり嬉しいと思います。

友チョコのお返しを安いもので

そして、その手作りしないで返すとなるといったい何を買うのか?ということですが、お金はあんまりかけられないですよね。

でも、お返しはスーパーのお菓子で全く問題ないと思います。
デパートなどに行くと、最低でも一人当たり400~500円はかかりますもんね。

大切なのは、バレンタインにチョコレートを手作りしてくれた友達に、「ありがとう」の気持ちを示すことなので、どこで買うかは関係ないんです。

そこでおすすめなのが、スーパーのお菓子の詰め合わせです。

ホワイトデーというと、クッキーや飴をプレゼントするのが定番なのですが、スーパーで女子受けしそうなかわいいものをいくつか買ってみてください。
もちろん安いもので大丈夫です。

例えば、私なら

森永マリービスケット…3枚×7パック で200円くらい
不二家カントリーマアム…20枚入り で300円くらい
不二家のミルキーキャンディ…大体30個くらい入っていて200円くらい

このあたりを詰め合わせてお菓子セットを作ります♪

例えば7人にあげる場合でも、1人に
マリービスケット1パック、
カントリーマアム2~3枚、
ミルキー4個
という、それなりにボリュームのあるお返しができると思いますよ。

これで7人分のお菓子代は¥700くらいです。

もし予算に余裕があるなら、受け狙いでかわいく、こんなキャラクターものお菓子を入れておいても、楽しいですね。

私はアラサー世代ですが、普通にアンパンマンとかかわいいと思いますし、もらえたら嬉しいです(笑)

ですので、仲のいい女子にお返しするならこういったキャラものも目立っておすすめですよ。


スポンサーリンク

友チョコのお返しのラッピングアイディア

そして、女の子にお返しするときに大切なのがプラスひと手間のラッピングです。

先ほどご紹介した、スーパーのお菓子の詰め合わせですが、そのままではバラバラしますし「プレゼント感」がないですよね。
ですんで、かわいい袋に入れてラッピングするのがおすすめです。

ペーパーナプキンでのラッピング

こういったかわいらしいペーパーナプキンがお家にもしあるなら、それを使ってお菓子をまとめてラッピングするとかわいいですよ。

包み方は簡単で、

ペーパーナプキンを斜めに置いて、下の方にお菓子を置きます。
(ペーパーナプキンがクリスマス柄、と季節に合っておらずすみません。)

たたんでいって

適宜セロテープなどで留めて

包み終わりもセロテープかシールで留めてください。

裏返すとこんな感じにきれいに包めています。

このペーパーナプキンでのラッピングは、とても定番のやり方で、私もアラサーになっても仲のいい友達同士で旅行のお土産のおすそ分けをするときなんか、よく利用する方法です。

包む、というひと手間でスーパーのお菓子も心のこもったお菓子に思えますよ。

また、100均などで買ってきたかわいい袋に入れて、口をリボンやモールで留めるのもおすすめです。
こちらで私が使ったのはセリアの袋ですが、何でも大丈夫です。

スーパーのお菓子であっても、わざわざ選んで袋詰めして、ラッピングしてという手間をかければ気持ちのこもったおもてなしですよね。

ぜひ、自信を持って友チョコのお返しを渡してみてください。


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
友チョコのお返しは市販品でして大丈夫なのか、お金をかけずにちょっと差がつくお返しやラッピングの方法についてみてきました。

実際、私もこまごましたお菓子をもらえるとちょっとつまめるのですごくうれしく思います。
ぜひ、あなたのお気に入りのお菓子でかわいいお菓子セット、作ってみてくださいね♪

-ホワイトデー
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.