アイスランド旅行記

アイスランド旅行記⑧ブルーラグーンレストランとノーザンライトインで2回目のオーロラ遭遇なるか?

更新日:

前回の記事でブルーラグーンで温泉を満喫したことは書いたのですが、
その後、最終日の夜も楽しみたい、ということでディナーや
2回目のオーロラ鑑賞について書いてみます。
果たして最終日にもオーロラは見られたのでしょうか?

  

ブルーラグーンのレストランでディナー

私たちは最終日の夜はノーザンライトインというホテルにとまったのですが、
この辺りは周りに何もないようです。

発電所とかはありますが、ごはんを食べられるところがないんですね。

したがって晩御飯はホテルでとるか、ブルーラグーンでとるかの
どちらか
になることが多いようです。
ブルーラグーンでほっこり温まった私たちは、このまま
施設内にもう少し滞在したい、と思ってブルーラグーンのレストランにてディナーにすることになりました。

でも、ノーザンライトインのディナーもとてもおいしいらしいですね。
今度行ったときはノーザンライトインでも絶対食べてみたいです。


レストランのないそうなこんな感じで青色の光が幻想的な、
モダンなお店でした。

私たちは3品くらいのシンプルなコースをオーダーしたのですが、
アイスランドの料理は基本多めなので、この3品でも
満足できるボリュームでしたよ。

テーブルセッティングです。
溶岩でできたオブジェが飾られ、いかにもブルーラグーン、な
演出がされています。

たしか食器も溶岩でできたものを使用されていたと思います。

こちらがお料理です。
ブルーラグーンのレストランのお料理も、一般的に
観光施設に期待されるお料理より上のお味でとてもおいしかったです。
ソースも1料理に数種類準備され、繊細な味わいでした。

こちらのお店の店員さんも気さくで楽しい方ばかりでした。
写真を撮ってください、とお願いすると
「私に頼むと高いですよー」という冗談を言われたり。
家族で集合写真を撮ろうとすると一緒に写真に入ってきたり。
店員さんと一緒に、記念となる写真が撮れました。

ブルーラグーンからホテルまではまた1時間に1本のバスで送ってもらいました。
楽ちんでしたね。

スポンサーリンク

2回目のオーロラ遭遇なるか?

そしてホテルに帰って着替えた後は、いよいよ最終日、2回目のオーロラ
チャレンジです。

こちらの記事ではオーロラツアーでバスに乗ってオーロラ鑑賞に出かけましたが、
こちらのホテルノーザンライトインではホテル名がオーロラを
意味しているだけあって、ホテルからオーロラが見られるんです!

そしてオーロラを見るためのサービスもあって、もし夜中にオーロラが
見えたら部屋に電話してくれ、寝ていても起こしてくれるという、オーロラコールがあるんです!
楽しいサービスですよね。

しっかり着込んでホテルのロビーでオーロラを待ちます。
旅の疲れのせいか、ロビーの心地よい温かさのせいか、ついうとうと・・・
ロビーのソファーも座り心地がよく、気持ちよかったです(笑)

オーロラが見える前も、満点の星空でこれを眺めているだけでも飽きません。
日本の空は明るいので普段気づかないんですが、空にはこんなに星があるんだなーと。

それと、こちらのホテルは周りに何もないため空が比較的明るくなく、
オーロラ鑑賞がしやすいのがうりなのですが、近くの発電所の明かりが
煌々と、ちょっとまぶしいくらいでした。

時々外に出てオーロラがないか確認しながら1時間くらい待ったでしょうか。
男の子の「ノーザンライト!」の声に目が覚めました。

外に出てみると、しっかりとしたオーロラの光が見えていました。
これはもしかすると観光1日目の夜に見たときよりよく見えているかもしれません。

夢中でカメラのシャッターを切り、オーロラをたくさん写真に収めました。
これでオーロラを見られるのも最後だなー、次はいつみられるかな??
と思いながら。

本当にこの旅では観光できる日数わずか3日の間に2回もしっかりと
オーロラが見られて、とても満足な旅となりました。
1回見られるだけでもすごいのに、2回も見られるなんて、と興奮が止まりませんでした。

みんなの日頃の行いがいいからだねー、と身内同士、お互いを
褒めて(笑)、嬉しい気分で最終日の夜は更けていきました♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

まさか2回もオーロラが見られるとは、ついていました。
ノーザンライトインはオーロラのことがなくても、ゆっくりくつろげる素晴らしいホテルだったのでお勧めです。

さて、アイスランド旅行記も最終記事です。
→アイスランド旅行記⑨帰国とまとめ◎カード事情からビョークまでで楽しい旅行を振り返ります。

アイスランド旅行の全9記事をまとめたページも便利ですよ。

-アイスランド旅行記
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.