半袖ニットの着方はどうする?〇〇の時期に重宝!半袖ワンピースの重ね着方法も

半袖ニットの着方はどうする?〇〇の時期に重宝!半袖ワンピースの重ね着方法も


半袖ニットは皆さん、持っていますか?
半袖ニットでウールなど秋冬素材のものってたくさん売られていますが、あったかい素材なのに半袖って中途半端でいったいどう着こなしたらいいの?と疑問に思いますよね。

今日はそんな方におすすめの、半袖ニットの着こなし方をご紹介します。
実は取り入れることで簡単におしゃれさんに見えちゃうアイテムなんです。
タンスに眠っている半袖ニットを使っておしゃれ上級者になりましょう。

さらに半袖ワンピの秋冬の重ね着方法もご紹介します。

スポンサーリンク
  

半袖ニットの着方はどうする?

半袖ニットってすごくかわいいですよね。
夏から秋に向かう時にたくさん半袖ニットが売られていると思います。
素材は秋冬物であっても袖が短い分、軽快な感じがあっておしゃれなアイテムです。

でも、だからこそ着こなしが難しいアイテムですよね。
夏物の半袖ニットで綿のものだと1枚で着ればいいので着こなしは簡単なのですが、秋冬物の半袖ニットはコーディネートが難しい、と思う方も多いと思います。

私も正直、秋冬素材の半袖ニットに着方をマスターするまでは、なんで秋冬に半袖?
家の中が完璧に温度管理されたセレブじゃあるまいしと思っていましたが(笑)、夏から秋に向かう季節に、まず大活躍するアイテムなんですよ。

それでは簡単な半袖ニットのコーディネート方法をご紹介します。
実は秋口の時期に大活躍するアイテムなんです。
それ以降、寒くなっても重ね着で活用することができますよ。
初心者の方は、半袖ニットのこちらの2タイプごとにコーディネート方法を変えるといいですよ。

ゆったり目デザインのもの
体のラインを拾わないサイズ感。
中に着こむのも簡単だし、長袖が下から出ていても違和感がない。
⇒下に長袖カットソー、シャツ、タートルネックセーターを合わせる
ぴったりサイズのもの
体にフィットするため1枚で着てかわいいし、1枚で着ること前提に作られている。
下に重ね着がしにくい。
⇒基本1枚で、寒くなってきたらジャケットやコートのインナーに。

ゆったり目デザインの半袖ニット着こなし方

ゆったりしたオーバーサイズのニットは最近もよく出ていますが、カジュアルな雰囲気がかわいいですよね。
でもだぼっとしたデザインをどう着こなすのか?センスが問われます。

ゆったりサイズという特性を生かして、重ね着をする方法を考えるのがおすすめです。

長袖カットソーと重ね着

長袖のカットソーをセーターの下に着るのは秋口からできておすすめです。
なんなら、最初は半袖Tシャツの重ね着でもいいですね。

このとき、初心者の方はネックライン(首元の形)をニットとカットソーとで調和させることを意識してみてください。

Uネックのニットの下にはUネックのロンTを合わせたり。
Vネックのニットの下にはタートルネックのカットソーがいいと思います。
ボートネックで開きが深くない場合は結構どんな形の長袖を下に着ても可愛いと思います。

さらに重ね着する長袖カットソーはぴったり目のものを選んでニットとのメリハリをつけるといいですね。

長袖シャツと重ね着

長袖シャツも誰もが持っているアイテムなのでトライしやすいと思います。
シャツもできれば細身のものを合わせ、セーターの首元の開きに合わせてシャツのボタンを一番上までとめるのか、開けるのか鏡でチェックして合わせてみてください。

上級者の方はストライプのシャツを無地ニットに合わせても素敵です。

長袖タートルネックと重ね着

細いリブの長袖タートルネックを下に着るのもおすすめです。
こちらはより寒い季節になってくるとしやすいコーディネートですね。

ぴったりサイズの半袖ニットの着こなし方

ぴったりしたサイズのニットは女性らしく、着こなしが簡単に決まりますよね。
夏の暑さが1段落してくれば、1枚で着て女性らしさをアピールするのがおすすめです。

こんな上質ウールのニットをさらっと着るとそれだけでおしゃれですよね。

もちろん、しっかり涼しくなるまではウールなどの秋冬素材が暑く感じられると思いますが、屋内にいる時間が長そうな日にまずはチャレンジしてみてください。
秋口に半袖ニットを軽快に着ているとそれだけで季節を先取りしたおしゃれ上級者に見えますよ。

さらに、しっかり涼しくなってきて半袖セーター1枚では寒く感じられるようになれば以下のような手を使ってください。

ストールが便利

首元にざっくり巻く、大判ストールがあると便利です。
いつもバッグにしのばせておき、肌寒く感じればさっとはおればそれだけでおしゃれです。

ジャケットのインナーに半袖ニットを活用

しっかり秋になればジャケットのインナーとして半袖ニットを使うのがおすすめです。
これなら、温かいお店に入って暑くなったときはジャケットをさっと脱げば腕も出て、さりげなく露出ができます。
これはデート時にもおすすめの方法ですよ。
腕の露出なら大人の露出として受け入れやすいですし、軽快な服装で見た目にも素敵だと思います。

ジャケットの他にもカーディガン、パーカー、コートのインナーなどとしてもおすすめです。
半袖ニットがいいのは袖が短いので腕の部分で服がもたつかないことです。
秋冬に袖が複数重なっているともさもさして気持ち悪いですし、着替えも大変ですよね。
そんなときも半袖ニットは大活躍してくれるんです。

ただ、初心者の方が選ぶぴったりニットでおすすめしない形のものがあります。
それは首回り、袖まわりにデザインがあってボリュームがあるものです。
ジャケットなどを羽織るともたついてしまってジャケットの形がきれいにでないものはやぼったく見えます。

もそもそしてしまって自分で鏡で見ても、「これだとなんだか変で外に出て行けない!」となりがちです。
そもそもドルマンスリーブなど袖にボリュームがあるものは、上にジャケットを着ることも難しいんですよね。
ジャケットの袖が通らない・・・となります。

首回りや袖まわりにボリュームがあるものは重ね着しない前提で、暑くもなく寒くもない短期間だけ着る!と割り切って買った方がいいかと思います。


スポンサーリンク

半袖ワンピースの重ね着方法

半袖ワンピースも何かと重ね着に困りますよね。
でも最近売られているワンピースの大半は秋冬用でも半袖かノースリーブなのではないでしょうか。

長袖ニットの重ね着

夏に大活躍したマキシワンピースなどを秋に着るのにおすすめなのが長袖ニットの重ね着です。
ワンピの上に直接長袖ニットを着ればワンピースがスカート風に変身。
新鮮な感覚で着ることができます。

また、個人的にはシャツワンピースの上に首元が程よくあいたニットを重ねるといい感じのカジュアル感が出て素敵だと思います。

タートルネックの重ね着

ぴったりフィットするリブ素材のタートルネックセーターがあると重宝しますよ。
黒やグレー、白など自分に合うベーシックカラーのものを複数枚用意していると何かと使えます。
ところで自分に合う色ってご存知ですか?
私はパーソナルカラー診断をしてもらってコーディネートに失敗しなくなったのでお勧めです!
⇒パーソナルカラー診断がおすすめの理由 一生中の買い物で得をします!

ジャケットやカーディガンの重ね着

ワンピの袖が短くて寒いならカーディガンやジャケットを羽織るのも定番ですよね。
ジャケットが1枚あればお呼ばれスタイルにも恥ずかしくないのでぜひ定番の色を1枚は持たれることをおすすめします。
あとはワンピースが半袖だとヒートテックのような長袖防寒インナーの上に半袖ワンピを重ね、さらにカーディガンを重ねる、というようなことも私はよくしてしまいます。
これだと長袖の防寒インナーが見えてしまうのでカーディガンは脱げない(笑)、のですが、真冬でカーディガンを脱ぐようなことはない!とわかり切っているときはやっています。

防寒インナーも今はいろいろと優秀なものが出ているので自分に合ったものを探して秋冬コーデの幅を広げてくださいね。


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
秋冬素材の半袖ニットってかわいいのにどう着こなせばいいか思いつかない、という方の参考になれば幸いです。ちょっとしたポイントを知っているだけで驚くほど簡単に着こなせます。
ずっとタンスにしまったままになっている服があるなんてもったいないのでぜひ半袖ニットの着こなし、チャレンジしてみてくださいね。

また、ニットの着こなしといえば自分の体形に合ったニットの形があるってご存知ですか?
私は体型タイプの診断をしてもらってから服選びの悩みが激減しました。
こちらの記事もぜひどうぞです。
⇒似合うアイテムがわかる!骨格診断で服選び、もう失敗しない