アイスランド旅行記

アイスランド旅行記③いよいよ出発!ケプラヴィーク空港からの移動とホテルについて

更新日:

前回では準備編を書きましたが、今回はいよいよアイスランドへ
出発した日のことを書きます。

アイスランドへのトランジットやアイスランド航空、ケプラヴィーク空港からホテルへの移動についてもご紹介します。

今でもアイスランドへ行く前のわくわく感をリアルに思い出せます。

 

アイスランドへいよいよ出発!わくわく止まりません

日本出発の朝は伊丹空港にて両親と私たち夫婦、4人で集合することになっていました。

出発前からわくわくが止まらない

朝が早めだったので、早速空港で朝ごはんを軽く食べたり、リッチな気分に。
私は海外旅行は何が楽しみって食が楽しみで、それは行きの空港や
機内食から始まっている
んです!(笑)

空港で朝ごはんをゆったり食べるなんて本当に贅沢ですよね。
いつもはこの時間、会社に遅れる~と言いながら必死で朝ごはんの片づけしたり洗濯干したりしているのに!と幸せをかみしめます。
今回の旅行は6日間の休みの間に行ったのですが、その間4日も会社の有休を使っております(笑)

行く前はこんなに休んだらみんなに迷惑かけるなー、とか自分の仕事で何かまだ気づいていないミスあったらどうしようーとか思っていても、いざ旅行に突入すると完全に気分は切り替わって仕事のことなんて頭に入ってくる余地がなかったですね^ ^

機内を満喫

ANAのロンドンへの飛行機ではアイスランドの本を読んだり、普段なかなかゆっくり読めない
本を読んだり、映画を見たり・・・
映画もこの時とばかりに3本くらい見ましたね。エンジョイしすぎです。笑

海外旅行の時って、本当に旅行以外のことはほぼできないのでいいですよね。
移動時間にガイドブックを読み漁ってわくわく感がさらに高まります。

機内食も「おいしくない」という人もいるかとは思いますが、私は普段自分の作った料理ばかり食べているのが本当に飽きるんです。
人が作ったものを上げ膳据え膳で食べられるのは幸せすぎて「はあー、しあわせ♪♪」を言いすぎて、主人にあきれられていました。

ロンドンではトランジットに4時間もあったので深夜のロンドンで待つのは結構大変でした。

夜ということもあってか空港内でもくらい雰囲気だし、お店を1周回った後はすることがなくなって、ずっとカフェでお茶していましたが、それもちょっと疲れましたね。
横になって休みたい、というのが正直なところです。

両親はもっとしんどかったかと思います。

そしてその後はアイスランド航空の便でいよいよアイスランドへ!

アイスランド航空

アイスランドに向かう日本人の方もちらほら見かけました。

そしてアイスランド航空は機内食は無料では出てこないシステムだったのですが、お腹がすいたので一つだけミニハンバーガー的なものを主人と
注文してみました。紙のパックの中にかわいいサイズのハンバーガーが3つ入っていました。

でもこれが、機内食なのにとってもおいしかったんです。
ハンバーガーなのでファストフード、つまりジャンクな味でいまいちなのかと思いきや、シンプルでお肉の味を生かされた味付けで、
機内食でこれって、アイスランド料理はかなり期待できる~!
と思いました。

食べ物の話ばかりですが、アイスランド航空の方は笑顔が素敵で親切な方ばかりでしたよ。
男性も女性も半々くらいで客室乗務員の方がいらっしゃったかなーと思います。
女性も長身の方が多く、さすが北欧、と思いました。

スポンサーリンク

ケプラヴィーク空港に到着、ホテルへ移動

ロンドンからアイスランドへは3時間くらいでした。
意外とあっという間でしたね。

ケプラヴィーク空港に到着!

空港とはいえ、周りにはあまり明かりはありません。

本で、運が良ければ空港についてすぐでも、もしくは飛行機の中でも
オーロラが見える、と聞いていたので見てみましたがオーロラは見えませんでしたね。

アイスランドの暖かさを実感

2月で寒かったですが、めちゃくちゃ寒い・・・ほどではなく、普通に寒いくらいで
やはり、アイスランドの暖かさを実感しました。

空港からはバスでホテルまで行きました。
ホテルにチェックインしてその日は寝るだけです。

ホテルもこんな感じで北欧調というか、シンプルモダンな感じで
清潔感のあるデザインが素敵です!
ホテル レイキャビク セントリウム

うーん、さっそくベッドにいろんなものが放り出されていますが
とってもきれいなお部屋でした。

私たちの部屋はスタンダードなのか、そこまでグレードは高くなかったですが、
両親に予約した部屋はこの1.5倍くらいあって、本当に広々していましたね。

いきなりお水に感動

そしてそして、ホテルで水道の蛇口をひねってお水を飲んでみたんですが、
噂通りとってもおいしかったですー!

こちらの記事でも書きましたが。
なんていうか、水に余分な混ざりけがない、クリアでさっぱりした後味なんです。
この水道水を詰めて日本に持って帰りたいー、と思いましたね。

明日は朝早くからツアーなので早く寝なければ!と思っていたのですが
アイスランドにいる、という事実がうれしくて興奮が止まりませんでした。

またガイドブックを読み返したりして、その日はようやく眠りました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
旅行の出発から長期間の休みと憧れのアイスランドに行けるということにわくわくしすぎてテンションが高い1日を過ごしました(笑)
自分たちで計画する旅行は本当にわくわくしますよね。

ではアイスランド旅行記④ゴールデンサークルツアーで自然の美しさに酔いしれるの記事に続きます。
自然が美しい写真たっぷりでお届けしますよ。

アイスランド旅行の全9記事をまとめたページも便利ですよ。

-アイスランド旅行記
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.