ママの身だしなみ

30代ファンデーションなし 化粧水なし生活で時間もお金も節約して美肌になれた方法

更新日:


ママって本当に忙しくて、とても自分の肌のお手入れどころではないですよね。

お風呂を出た後も子供の服を着せたりで手いっぱいで、自分の髪の毛を乾かすことで精いっぱい、という方も多いのではないでしょうか。
そんな忙しいママでも続けられる、究極のお手入れ方法があるんです。
 
1年続けた私の体験記をご紹介します。

30代ファンデーションなしでいいって本当?

肌のお手入れって意外と時間がかかりますよね。
私も10代のころは洗顔クリームを泡立てて顔を洗い、その後化粧水やパックをしてから乳液・・・というプロセスを、肌のお手入れという一種のおしゃれとして楽しんでいた感があったのですが。

 
20代で仕事が忙しくなると、もう肌のお手入れなんてする暇があるなら寝たい、くらいの感じでした。
それは30代になってからも一緒でして。

 
お肌がきれいな人には本当に憧れるのですが、子供がいるとゆっくりお手入れする時間もないし、化粧品を選ぶ時間もないし。

そもそもそんな肌をきれいにしていったい何の得になるのーという感じです(笑)
今はやりの誰得?ってやつですね。

でも子供のせいにして肌の手入れを適当にし続けている中。
もうすぐ育児休暇も終わりだし、何か簡単な美容法を自分の中で確立しないと仕事復帰後肌がぼろぼろで恥ずかしいかも?なんてぼんやり考えていた時に、ある1冊の本に出合いました。

 
それが、ある皮膚科の先生が書いた本なんです。

究極のお手入れは~何もしない~だった!?

先生の名前は宇津木先生というのですが、「肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法」という本でして、ベストセラーになっている本です。

 
この本の何が革命的かというと、
肌の悩みをすべて解決する究極の方法は、化粧水などによるお手入れ、ファンデーションなどのベースメイクをしないこと
と言い切っていることなんです。
私も最初これを読んで衝撃を受けました。

 
今までやってきた(といっても適当にしかやっていませんが)洗顔や、パックはいったい何だったの?肌をきれいにするためにやってきたのに、と何か裏切られたような気持ちになりましたね。

 
なぜ化粧水やファンデーションなどを使ってはいけないかというと、その中には化学物質がたくさん入っており、それが肌にダメージを与えるから、ということなんです。

でもでも、お肌がきれいな10代~20代前半ならともかく、私のような30代でもできるのか?と疑問を持ちましたね。
でも、こちらの本の中では私のような年代でも皆さんノーファンデーション生活を実践され、美肌を手に入れられているとあったのです。

化粧水なしでもきれいになるって本当?

ファンデーションが肌にいいとは思えませんが、化粧水なんて肌を保湿するために考えられた、肌にいいものだって普通は思っていますよね。

でも、化粧水の成分により、肌の機能を衰えさせるなど、肌には逆効果のことも多いようです。
たとえ、化学物質ではなく、天然成分の化粧水であっても、だそうです。

 
これはなぜかというと、私たち人間の肌にはもともと最適な水分量に整えるための機能がきちんと備わっていて。
それは他の人工的に生成した化粧水ではとてもかなわないような力があるからなんだそうです。

すごいですよね、人間の肌の力って。

 
今のようにテクノロジーが発達した時代を生きると、開発により、いくらでも肌にいいものなんて作れそうな気がしていたのですが、人間の生命の神秘の力を忘れていたなー、とハッとしました。

 
もともとそんな力が私たちの体には備わっているのに、それをもっと信じてあげないとダメなのではないか?と私も本に書かれていた通りの、化粧水なし、ファンデーションなし生活を送ることに決めました!

 
1年間、メイク落としなしで綿棒などでポイントメイクを落とし、洗顔クリームなしでお湯のみで顔を洗い、化粧水や乳液なしの生活をつづけました。

メイクも目まわりのポイントメイクはしましたが、ベースメイクはおしろいを軽くはたくだけにしました。

ファンデーションなし、というのは裸の姿を見られているようで、最初は少し抵抗はありましたが。

 
それから1年くらいがたったでしょうか。
良いことがたくさんありました。

スポンサーリンク

ファンデーションなし生活を実践した感想

ファンデーションなしの生活を送ってよかったことはたくさんあったのですが、大別すると次の3つになると思います。

①肌がきれいになった
②時間が節約できた
③お金がかからなくなった

一つずつ説明していきますね。

①肌がきれいになった

はい、肌が人に「もしかして肌、きれいになった?」とこの1年間に2回言われるくらい、きれいになりました。

これってほんと、やったー!っていうくらい、うれしいです(笑)
だって、お手入れらしいお手入れを何もしていないですからね。

 
でも、自分でも、本当に肌のきめが整ってきたのがわかります。
化粧水をたっぷりつけていた時のようなじっとり感はないのですが、適度にすべすべしていて、でも乾燥していない、かるーい肌になった、という印象です。

私はもともとそばかすが頬あたりにあるので、それは消えていないのですが、化粧品なし生活を続けていくとシミなども薄くなる、と本にはあったので期待してもう少し続けていきたいです。

 

②時間が節約できた

時間も節約できましたね。
だって、石鹸を泡立てる時間も、化粧水を塗る時間も、パックをする時間も、ファンデーションや下地を塗る時間も無くなったのですから・・・!
これってすごいことですよね。

もともとあさのメイクは10分かかっていなかったのですが、これがさらに3分くらいでできるようになりました。

メイクはおしろい塗って、アイシャドー塗って、アイライン引いて、眉毛書いて、リップ塗って、で終わりです。
ファンデーションは塗っていませんが、アイメイクはきちんとしているので、「仕事に行ける」顔全体のきちんと感は問題ないと思います。

 
この時間の節約は、大きいですよ。
このファンデーションなし生活を続けて、いつかおしろいでのカバーもいらなくなるのが目標です。

2017/12/5 追記
最初はファンデーションをやめて、おしろいのみ塗っていた私のファンデーションなし生活ですが。
1年半くらい続けると、おしろいすら不要になりました。
自然にきめが整ったのか、「気づくとおしろいを塗るのを忘れていた」という感じです。
ノーファンデ、ノー化粧水を継続することでより肌はきれいになるんだなーと実感しています。

③お金がかからなくなった

当たり前ですが、使う化粧品アイテムがぐっと減ったのでお金もかからなくなりましたね。

これまではファンデーションや化粧水を買って、けちけち使っていました。
ファンデーションは下地+パウダーファンデで5000円くらいする、まあまあ値段のするものを使っていたので、地味に出費は痛かったですね。

 
子供ができてからは、化粧品がなくなってもすぐに百貨店の売り場に買いに行く、ということもできなくなりましたし。

なのでお金がかからないノーファンデ生活はとても助かっています。

でも、それだとお化粧をする楽しみがなくなるのでは?という人もいるかと思うのですが、私の場合、もともとメイクはこだわってやりたい派ではなかったので、そこは問題なかったですね。
ポイントメイクで、アイシャドーとリップの色の組み合わせを考えたり、そういった少しのメイクで楽しめているので全く問題ないです。

基礎化粧品、ファンデーション、など考えていくと年間15,000円は節約できている気がしますね。

ファンデーションなし生活、本当におすすめです。

育児休暇中など、あまりメイクをしなくてもいい時に始めるとファンデーションなしの肌の状態を見せるのにもあまり抵抗がないと思うので、特に育児休暇中の方は思い切って初めて見られることをおすすめします。

↑こちらの本にファンデーションなし生活のやり方の全てがのっていますよ。
レビューも膨大な件数がついていて、さらに驚きの高評価なので一度本もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ファンデーションなし 化粧水なし生活で時間もお金も節約して美肌になれた方法 まとめ

いかがだったでしょうか。

私も最初は半信半疑で試していましたが、ファンデーションや化粧水に頼らなくていい生活は本当にハッピーです。
あなたの肌に合うかどうか、というのはもちろんあると思いますのでまずはちょっと試してみてくださいね。

こちらの記事↓も人気があっておすすめです。

おすすめ!⇒パーソナルカラー診断を受けてみた!おすすめの理由 効果は想像以上だった!

-ママの身だしなみ
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.