お菓子屋さん・カフェ

とらやといえば御所近くの虎屋菓寮 テラス席は癒し~カフェでかき氷を頂く~

更新日:


京都といえば楽しいのがカフェ巡り。
私も大学生時代にはまり、それからもうすぐ10年がたとうとしていますが、いまだに行きたいお店も多く、魅力が尽きません。

そんな京都カフェ巡り大好きな私が自信を持ってお勧めするのが京都御所近くの虎屋菓寮さんです。

味よしサービスよし雰囲気よし、の大人にぴったりなお店!
御所をたくさん散歩して疲れた体をぜひ休めてくださいね。

  

とらやといえば御所近くの虎屋菓寮

京都の丸太町駅~今出川駅一帯に広がる、宮内庁京都事務所が管理する京都御所。
緑がたくさんで、とにかく広くてほっとできる場所ですよね。

私も大学生時代からよくお世話になっていました。
ベンチもたくさんあって本を読む人、グループで話をしている人、さらには富小路グラウンドと今出川グラウンドという野球場まであるってご存知でしたか?

とにかくそんな広大な御所を歩き回ると脚は疲れてへとへとになります。
夏の暑いときは特に大変ですよね。

そんな疲れた体を癒す、御所近くのとっておきの甘味処をご紹介します。
御所の蛤御門を出ると烏丸通に出るのですが、その烏丸通を北に2.5区画分くらい進むと左手の角にとらや京都一条店が見えてきます。

とらやさんというと濃厚な羊羹が有名な和菓子屋さんの老舗!というイメージですがこちらの京都一条店も風格がある、美しい店構えでした。
私が通りかかったのは平日でしたがお客さんが何人も店内にいて、人気ぶりがうかがえました。

でも、そのとらやさんのショップの手前に走る一条通を西に少し進むと、虎屋菓寮 京都一条店 さんが見えてきます!
こちらの店舗で虎屋さんの和菓子やかき氷がいただけるんですよ。

こちらのお店は美しく、本当にまったりと静かにおいしいお茶とお菓子がいただけます。
ちょっと大人気分で甘味を楽しみたいときにいかがでしょうか。

とらやのテラス席は癒し

京都のカフェって素敵なお店がたくさんあると思うのですが、こちらの虎屋菓寮 京都一条店さんも本当に素敵です。
こちらのお店のおすすめポイントはなんといっても落ち着いたテラス席ではないでしょうか。

今回、平日の15時半頃にお邪魔したのですが、「とらや」と書かれたのれんをくぐってお店の中に入ると、結構な人が待たれていました。
「お名前を書いてお待ちください」と言われて待ち人数のリストを見たのですが、私たちの前に5組ほど待たれていました。

名前を書くときは店内か、テラスか、希望の方の席に〇がつけられるシステムでした。
5組も待つのか・・・と思っていましたが、待合の席もたくさん用意されていて、ゆったり待つことができました。

また、私たちはテラス、店内ともにOKという希望を書いていたので、思いのほか早く順番が回ってきて、5分と待たずにお席に案内してもらいました。

気候のいい季節はテラス席の方が人気かもしれないのですが、私たちが行ったのは9月の初旬。
まだ蒸し暑さが残った気候だったので店内席の方が人気みたいでしたね。

さて、テラス席は大き目のフラットのソファが2席ずつくっついており、全ての席は緑豊かな庭を臨む配置になっています。
お庭がよく手入れされていて美しいです。
そして、川ではないですが水も張り巡らされていて目にも涼やかです。

こんな素敵な風景を見ながら甘味をいただけるなんて・・・!とそれだけで嬉しくなりました(笑)
ちょっと暑いかなーと思ったのですが、テラス席にして本当によかったです。

蚊に刺されないよう、蚊取り線香も結構焚かれていました。
下の写真の丸いものが蚊取り線香のケースなのですが、蚊取り線香のケースですらおしゃれでした!

何のメニューにしようか、悩みました!
定番の羊羹とお茶のセットがあんみつ、冷やししるこ、かき氷や生菓子なんかもあったと思います。

悩みに悩んで決めたのは冷やし汁粉!
粒あん、こしあん、しろあんこの3種類の中からこのみのあんこを選べます!
私はこしあんにしました。

見てくださいー、このビジュアル。
塗りのお盆にとらやさんのお箸も並んで何とも美しいいでたちです。
お手拭きも肉厚でいいもの!という感じがしました(笑)

おしるこは甘すぎず、ちょうどよい甘さであんこの風味を存分に楽しめました。
白玉も3つ入っていて、もっちりできたてのようなおいしさでしたよ。

氷がうかんだ、目にも涼やかなお汁粉でした。
これで1200円くらいでした。
普通にお汁粉、と考えるといいお値段なのですが、この御所周辺という好立地、落ち着いてくつろげる雰囲気の空間、サービスなどを考えると妥当なお値段でしたね。

スポンサーリンク

とらやカフェでかき氷をいただく

こちらは主人の食べた抹茶氷のミニサイズです。

ミニサイズのはずなのに、結構大きいですよね。
食べるのに20分くらいかかっていました。

祇園祭の宵山のレポート
⇒祇園祭の宵山混雑状況2017年は?歩行者天国行ってきた写真レポ!一方通行情報も!
にもちらっと書きましたが、とらやさんはかき氷もとってもおいしく、人気があるんですよね。

私の会社の上司もとらやの一条店で食べるかき氷は絶品、と言っていたのを思い出しました。

お抹茶がかかっているのですが、抹茶の苦みが主張しすぎず、ちょうどよいバランスのかき氷でした。
でも逆に宇治氷はしっかりおちゃの風味がないとー!と思われる方はお茶屋さんのかき氷の方が合っているかもしれません。

そしてかき氷を食べ進めていくと中には白あんが入っています。
これまたおいしいですし、味が少し変わって楽しいです。

ミニサイズのかき氷ではありますが、全然小さくなかったですよ。
これでお値段1000円弱くらいでした。

今はかき氷戦国時代?なのか、京都のカフェでかき氷がいただけるお店もかなり増えていますが、とらやさんという老舗和菓子店でいただくかき氷もおいしいし、本当におすすめです。

アジサイなどの生花のアレンジメントも素敵でした。
一流店のおもてなしのこころはこういうところにもやっぱりあるのですね。

お汁粉もかき氷も、どっちもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

ただやっぱり、あまりに落ち着いてゆったりとしたお店なので、今回は主人と二人で行けてよかったです。
お店の情報を確認すると子連れもOK、とあったりおむつ替えスペースもあり、と書いてあったのですが、我が家の2歳児を連れていくととてもゆったりは食べられないな、と思いました(笑)
走り回ったりするお年頃の子だと厳しいかと思います。

お客さんの年齢層も少し高めで、みなさんゆっくりお茶しにこられている、というかんじなので。

次はあんみつか上生菓子をいただきたいなーと思いながらお店を後にしたのでした。
お店を出ると地下鉄今出川駅まで徒歩5分強くらいでした。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
御所周辺のおすすめのお菓子屋さん、とらやさんのご紹介でした。
老舗のおいしい和菓子を素敵なテラス席で堪能できるというのはこのうえない贅沢ですね!

他にも御所周辺にはいせはんさん、みつばちさんなど素敵な甘味処がいくつもありますよ。
次にデートで来れるのはいつかわかりませんが(笑)、また御所のついでに甘味処巡りをしたいです。

京都だとこちらのカフェもおすすめですよ。まったりくつろぎたいときに私が行くカフェです!
おすすめ!⇒カフェefishは抜群に癒される。鴨川に面した席は特等席なんです

-お菓子屋さん・カフェ
-,

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.