敬老の日に孫が赤ちゃんの場合は?何歳から?プレゼントの案もご紹介

敬老の日に孫が赤ちゃんの場合は?何歳から?プレゼントの案もご紹介

敬老の日は2017年は9月の18日です。
敬老の日といえばお年寄りの方を敬う日、ということでおじいちゃん、おばあちゃんに孫から何か贈り物をするのが定番ですよね。

さて、では孫がまだ0歳、など赤ちゃんの場合はどのようにすればよいのでしょうか。
我が家もこの問題は少し悩んだので、実例もふまえてお伝えしますね。

スポンサーリンク
  

敬老の日に孫が赤ちゃんの場合はどうする?

敬老の日といえば孫からのプレゼントが定番ですよね。
おじいちゃん、おばあちゃんも何よりの楽しみは孫の成長ですから、孫からのプレゼントはとっても嬉しいものです。

ただ、気になるのが孫が0~2歳くらいで自分の意志でプレゼントを作ったり、あげたりできない場合です。
その場合はプレゼントはどうするべきなのでしょうか。

私の保育園のママ友の話では、敬老の日は1歳3か月の孫(ママ友の子供)からのプレゼント、ということでタオルなどのよく使うプレゼントとメッセージカードに子供がクレヨンで線を書きつけたものをあげた、ということです。

それを聞いて「えっ、赤ちゃんでも敬老の日のプレゼントをするの?」と少し焦った私。
我が家の場合は、おととしの6か月の時も、去年の1歳半の時も孫から、という形ではなにもプレゼントはしませんでした。

理由は乳児がおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントをあげるなんてことは、思いもよらなかった、ということになるのです。
しかし、ママ友がきっちり孫としてのプレゼントを子供の代わりにしていると聞いてちょっと焦りましたね。

我が家は父の日に夫婦間で、つまり乳児のわが子の代わりに主人に父の日のプレゼントを用意したりはしない、という家なのですが皆さんはどういった感じでしょうか。

我が家はイベントをすべてきっちりやろう、という一家ではないので若干行事に冷め気味!?ということもあるのかもしれませんが。
でも、子供が自分の意志でできるようになるまで、代わりにプレゼントする、というのは必須ではないと思いませんか。

でもプレゼントを敬老の日に孫からしていないので、どうなんだろうと思って敬老の日に義両親、私の両親両方に聞いてみました。

すると義両親も私の両親も、「プレゼントなんて〇〇君が自分でお絵かきとかできるようになってからでいいんだよ、気持ちだけで嬉しいし」、「じいじ、ばあばって呼ばれるだけで嬉しい」見たいなことを言っていましたね。

敬老の日に孫は何歳からプレゼントをあげる?

敬老の日の孫からのプレゼントは親が手伝ってあげれば0歳からでも可能ですが、子供の意思でプレゼントを作ったりできる、3~4歳以降でよいのではないでしょうか。

 
おじいちゃん、おばあちゃんとしては孫に何かをプレゼントしてもらえるなら何でも嬉しいですが、別に孫の親が手助けしてまで、孫の「プレゼントをあげたい」という意思なくプレゼントをしてもらわなくてもいいのでは、と思うのが普通かと思います。
そのうえで、親がそれでも何か孫からプレゼントをさせたい、という強い思いがあればしたらいいのではないでしょうか。

 
我が家も上述したように0歳、1歳のときは特に孫からプレゼント、ということはしませんでしたし、もちろん自分たち子供から親へ、という形で敬老の日のプレゼントはしませんでしたね。
自分たちの祖父母にのみ、和菓子などを準備して敬老の日のプレゼントをしましたよ。

同時に小学生の私の姪っ子はもう手紙を書いたりできるので、7歳で敬老の日におじいちゃん、おばあちゃんに手紙と手作りの工作のプレゼントをあげていました。
私たち夫婦の子供からは何もしなかったのでうちだけしないのはどうなんだろう、と少しは思いましたが、「この子がもっと大きくなったらまた何か一緒にプレゼントを贈りますね!」とさらっと言いました。

おじいちゃんおばあちゃんには、孫からのプレゼントはもう少し待っていてもらうとします。
敬老の日のプレゼントで誰からのプレゼントが一番うれしいかって、孫からがダントツでやっぱり嬉しいみたいですよ!

スポンサーリンク

 
小学生の姪っ子の例のように、ある程度年齢が上がってくると保育園、幼稚園などでも敬老の日の工作をするようになると思うので、そのくらいが孫からプレゼントを初めてするときの目安だと思っていたらいいと思います。

また、おじいちゃん、おばあちゃんは今時は孫が赤ちゃんくらいだと若い方が多いですし、「まだまだ敬老の日だなんて、早い!」という感覚を持っている人も多いですよね。
プレゼントをあげても、「まだ敬老の日なんて年じゃないのに、ちょっと悲しい」と本音では思っている方も多いと聞きます。


 

感覚で言うと、最近では60代だと高齢、のイメージはあまりないですよね。
よって、敬老の日のプレゼントをするのはおじいちゃん、おばあちゃんが70歳近くになってからでも全く遅くないですよ。

あまり孫からプレゼントをあげなければ・・・と神経質にならずに、ゆったり考えてみてくださいね。

 

敬老の日の孫からのプレゼントは何にする?

それでも、たとえ子供が0~2歳くらいだからって敬老の日に何かプレゼントをしないと気が収まらない、親戚ではみんなあげているのでうちもしないわけにはいかない・・・という場合は何をあげたらいいでしょうか。

そんな場合、みんなで食事に行く、食べ物などのプレゼントを贈るという気軽なプレゼントはいかがでしょうか。

「敬老の日だから」ということを前面に押し出さずに、さりげなく外食に連れだしたりプレゼントを贈ったりするのが吉です。

「ちょっとおいしい和食屋さんがあったからみんなで食べたいと思って。」とか、「ここのどら焼き本当においしいから食べて見て。運よく今日はたくさん残っていて買えたんだ。」など言いながらさらっとプレゼントするのがおすすめです。

そうすれば、「まだ私は敬老って歳でもないのに敬老の日のプレゼントをくれるわ・・・」などと思われることなく、気軽にプレゼントをすることができます。

最近よく思うのですが、幸せって毎日の中にどれだけちょっと楽しいな、と思える瞬間を増やせるか、大切な人との楽しい時間を作れるかということなのかな、と思います。

一緒にごはんを食べたり、おいしいお菓子をみんなで囲んだり。
そのちょっとした時間の積み重ねを思い返したときに確かな実感となって心が満たされ、幸せな気持ちになれるのではないかな、と思っています。

そういったわけなのであまり難しく考えずに、小さいお子さんと義両親もしくは両親との敬老の日の過ごし方を考えてみてくださいね。
少しでも参考になれば幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
子供が赤ちゃんの時の祖父母への敬老の日のプレゼントは贈るべきなのか?悩むこともあると思いますが子供を両親に会わせるだけでも十分喜んでもらえると思います。

プレゼントづくりに親も一緒に頭を悩ませるのはもう少し先で大丈夫ですよ。
皆様にとりまして楽しい敬老の日となりますように。

ところで、敬老の日といえば介護福祉施設などに入居されているおじいちゃんおばあちゃんもいらっしゃるのではないでしょうか。
私の実家の祖母もそうでした。

介護施設に入居中の場合にも喜んでもらえるプレゼントのアイディアを敬老の日に施設の祖父母へプレゼント!おすすめ5選と何をする?の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

よかったらこちらも参考にされてみてくださいね。