健康対策

夏バテの気になる症状とすぐできる対処法3つ 放っておかずに今すぐチェック

更新日:


今年もまた暑い季節がやってきますね。

最近なんだか体がだるい・・・など体の不調を抱えている方も多いのではないでしょうか。
毎日暑い中でも仕事に学校、と休めないあなたに、夏バテを少しでも解消する方法をご紹介します。

  

もしかして夏バテ?気になる症状をチェック

体の不調を感じると不安になりますね。
もしかして夏バテ?と思ったら以下の症状に当てはまるか確認してみてください。

□食欲不振であまり食べられない
□だるさがある
□ひどい疲労感
□吐き気がある
□下痢をしている
□頭痛がする

これらの症状が1つだけ起こることも、複数起こることもあります。
しかし、なぜこれらの症状が出てしまうのでしょうか。

夏の急激な温度変化に体の調節機能がついていかず、自律神経が乱れることが大きな原因の1つです。
自律神経は体のあらゆる臓器をつかさどっているので、自律神経が乱れると全身に不調が出るといわれています。

そうなると眠りたくてもしっかり眠れない、ごはんを食べたくてもあまり食べられない・・・と悪循環に陥ることもあります。

早めに対処をして、少しずつ自律神経のはたらきを回復することが大切です。

以下では夏バテを解消するために大切な3つのポイントをご紹介しますね。

夏バテ解消法①クーラーは適切に

クーラーは体の熱を奪ってしまいます。
通常、人間は体温が上がりすぎると汗を出して体温を自動的に調節しますが、クーラーがある状態では自然に汗をかくこともなく、表面の熱がどんどん奪われる不自然な状態となります。

これにより、前述の自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうんですね。

そうすると乳酸などの疲労物質がなかなか排出されず体にたまった状態になり、だるさを感じるようになるのです。

冷房設定温度は26℃~28℃にして、外気との温度がありすぎないようにしましょう。
猛暑、酷暑といわれる日には難しいこともあるかもしれませんが、外との気温差が5度以下、が理想的です。

また、クーラーや扇風機の風邪が直接当たらないか、もとても大切です。
特に寝るときなどは寝転んだ状態で風が当たらないか、をよくチェックしたうえで寝るようにしましょう。
小さいお子さんの場合は自分で気がつけなかったり、風が当たる方が気持ちいいと考えたりしがちなのでしっかり気を付けてあげられるといいですよね。

また、家のクーラーは温度を自分で設定できますが、仕事場などではなかなかそうもいかないもの。
職場のデスクに薄手のカーディガン、ストールなどを常備しておき、少しでも肌寒いと感じたら羽織るおようにしましょう。

これは女性だけではなく、男性も他人事ではありません。
男性がカーディガンをはおるなんて恥ずかしい、と言わずに自分の身体は自分で守るように気を付けられるといいですよね。

スポンサーリンク

夏バテ解消法②睡眠はしっかりと

忙しいときはつい、「睡眠時間は無駄な時間」とか、「睡眠時間を削ればもっと時間を有効に使える」などと考えがちです。

しかし睡眠は疲労回復に欠かせないものです。

短期的にみるなら、睡眠は栄養よりも人間の生命維持に必要なもの、といわれています。

他の動物とは違う高度な思考を可能にしている大脳を疲労から回復させるだけではなく、
身体の細部の場所のメンテナンスも行っています。

睡眠により、免疫力や自然治癒力が上がるというのは上記のことによるのです。

夏の暑い時期には知らないうちにいつもより体は疲れています。ぜひ普段より意識して睡眠時間を確保するようにしましょう。

さらに、少ない時間の投資で大きなリターンが見込めるのがお昼寝です。
おすすめなのが昼食後に20分くらい寝る方法です。

昼は仕事に行っていて横になって眠ることができない場合でも、デスクに突っ伏して寝るだけで十分な効果があります。

私もよく昼食を20分ほどで食べ、その後スマートフォンのバイブの目覚ましをセットしておき、15分くらいの昼寝をしています。

完全に眠りに入ることが難しかったとしても、午前中仕事で考えて疲れた脳に空白の時間を与えてリセットしてあげる。
それだけで驚くほど昼からの作業効率が変わりますし、体もすっきりと軽く動ける気がしますよ。

夏バテ解消法③食事は少量でも栄養たっぷりで

暑い季節は食べたほうがよい、とわかっていてもなかなか食が進まないもの。
しかし、そんなときに少量であっても栄養分が高い食事を取ることが大切です。

例えば暑い季節はつるっと食べられるそうめんなどの麺類が食卓に登場することが多いです。
でも、そうめんをつゆで食べるだけでは、炭水化物くらいしか栄養は取れません。
いろんな栄養素をバランスよく摂取するのが夏バテ回復の基本です。

特にビタミンやたんぱく質、ミネラルを意識的にとるようにしたいものです。

夏バテ対策に重要なビタミンを1つ挙げるとすると、こちらです。
ビタミンB1

ビタミンB1は疲労回復に有効。
豚肉に多く含まれていることが有名ですよね。
疲労に効くのはビタミンB1に炭水化物をエネルギーに変える力があるからなのです。

また、トマトやキュウリなど旬の野菜は体の熱を下げる効果がある、といわれています。
野菜の旬は、食べると効果的な時期になっている、とも言われますし、旬の野菜を食べることは理にかなっているのです。

さらに私のおすすめは緑黄色野菜を多くとることです。
色の濃い野菜にはβカロテンが豊富に含まれており、高い抗酸化作用があります。

老化を抑える効果があり、美肌を保つ効果もあるので夏の暑い日差しでダメージを受けがちな皮膚を回復する効果を期待できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

夏バテの症状と原因、対処方法についてわかっていただけたでしょうか。

最近では5月後半~10月直前くらいまで暑い日が続きます。
暑さとの戦いは長期戦、となりますが日ごろから冷房の適切な使用、睡眠、栄養などに気を付け、楽しい夏にしたいものですね。

うなぎが高い!土用の丑の日は甘酒で夏バテ対策がいいってホント?の記事では手軽に夏バテ対策ができる方法を紹介していますので、よかったら参考にされてみてくださいね。

スポンサーリンク

-健康対策
-

Copyright© いちにの山紫水明 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.