保育園のプール、水着やおむつの疑問から気を付けたい日焼けや病気まで

公開日: 

あなたの子供が通う保育園では、夏のプールはありますか。
息子の通う保育園ではプール遊びがあるのですが、私は正直、0歳児クラスでいきなりプールだなんてみんな安全に入れるの?と不安でした。

そして、プールと言えば水着の準備やおむつはどうするの?という疑問もありますよね。
子供の皮膚は弱いので、日焼け対策はどうしよう、と心配になります。
さらにはこんなときってプールに入れるの?という疑問にもお答えします!

スポンサーリンク
  

保育園のプール、水着やおむつはどうするの?

まず気になるのが水着の問題です。
保育園ではこういった水着を持ってきてください、という指定があると思うのですが、わが子の保育園では特に指定はなく、「できればシンプルなデザインのものを」、くらいの書き方でした。

わが子は男の子なのですが、上下がつながったタイプのものを誕生日プレゼントに親戚からもらったので、「今時は男の子でも上下ある水着は普通なのかなー、まあまだ赤ちゃんだし♪」と考えてそれを使わせました。
オリンピックなどで見る、レスリングのユニフォームのような形、をイメージしてもらえるとわかりやすいのですが、あのような上下つながった形なんです。

 
形だけ見ると若干女の子っぽい気もしなくもなかったのですが、上下あることで日焼けする面積も小さく、結果的によかったのかな、と思います。
男の子のハーフパンツだけの水着って、上半身全部が焼けてしまいますからね。

また、わが子の園では乳児の場合は水泳帽は必要なかったです。

乳児の髪の毛はまだ少なく、短かったり細い子も多いのであまり気にならないのかもしれませんね。
乳児だと水泳帽をかぶっていられずにとってしまうので不要、という理由もありますが。

幼児クラスになると水泳帽の持参も必要でした。

 
そして気になるのがおむつの問題です。

私はよくスーパーなどで売っている「水遊び用パンツ」というものをはいて、その上に水着を着せるのかと思っていたのですが、水着の下には何もはかせない、とのことでした。

と、言いますのが「水遊び用パンツ」は何が普通のおむつと違うのかというと、「水に触れても水を吸って重たくならない」ということなんですね。
確かに、水の中でおむつを履いていると、おむつが膨らんで重たーくなりそうですからね。

そこで水遊び用パンツは水を吸わないので、もしおしっこが出てもおむつは吸わずに流れていく、ということです。
逆にうんちの場合はおむつのギャザーで流れ出るのがガードされるんですね。

水遊び用パンツってもっと万能かと思っていたのですが、正直、それだけの機能なのか!と思ってしまいました(笑)

 
長々と書いてしまいましたが、わが子の保育園ではプール遊びの直前にトイレを済ませ、プール時にはおむつや水遊び用パンツは履かせずに、水着だけ着用する、というスタイルだということです。

それだとプール中にトイレタイムになってしまわない?と心配にもなりますが、プールの時間は15分~長くて20分とのこと。

もちろん、この水着やおむつの考え方は保育園によって異なると思いますので、ご自分の保育園で指定された方法を確認してみてくださいね。
ここに挙げたのはあくまでプール遊びのやり方の1例、とご理解いただけると幸いです。

保育園のプール、日焼け対策は

さらに気になるのがプールの日焼け対策です。

わが子はどちらかというと色がもともと白い方だったので、日焼けすると皮膚によくないかな、と思って心配していました。

園の先生に確認したところ、プールは基本的に日陰に出すので直射日光を浴びる可能性は低いとのことでした。
(わが子の園では乳児のプールは空気を入れる、ビニールプールタイプなので簡単に移動ができるのです)

「日焼け止めクリームを塗ってもいいのですか?」とも確認したところ、「禁止はされていないが・・・」という何ともすっきりしない回答でしたが、日陰でプールに入るので大きな肌ダメージはないだろうことと、日焼け止めクリームを塗ることで水に油が浮き、他の子にも迷惑をかけるのでは?という懸念から日焼け止めを塗るのはやめておくことにしました。

結果、日焼け止めを塗らずにプールに毎日のように入りましたが、特に水着の跡がいくほど日焼けする、ということもなく夏を終えることができました。

といいますか、プールは日陰でするので日焼けを思いっきりはしなくても、普通の服を着た外遊びも毎日するので、それだけで結構焼けるんですよね(笑)

スポンサーリンク


こういうわけで、わが子の場合は結局あまり日焼け対策はしませんでしたが(しいて言うなら布面積の大きい水着を使ったことくらい)、本当に肌の弱いお子さんもいると思うので、早めに園に相談してみるといいと思います。

子供用の低刺激の日焼け止め乳液なども出ているので、園と相談して上手に使えるといいですよね。

保育園のプール、入って大丈夫?気を付けたい病気

最後に気になるのが、保育園児は集団生活を送っているので体調不良もつきもの。
どういうときはプールを控えるべき?ということです。

わが子の園では、夏の暑い時期(7月~9月)は毎日プールに基本入れてくれるので、連絡帳以外に「プールチェック表」なるものを朝記入し、体温と気になる身体の症状、プールに入らせるか見合わせるか〇×の3点を親が書いていました。

もう、この毎日というのが本当にすごくて、自分が子供のお風呂を少し入れるだけでも大変なのに、園の先生は暑い中よく子供を毎日プールに入れてくれるな・・・と思うと先生には頭が上がりません。
おかげで自宅での育児では絶対毎日はできなかった(というかひと夏に1回もできなかったかも?)プールの経験を子供にさせてあげられて、本当によかったなーと思っています。

そういうわけで、少し話がそれましたが、わが子の園でのプールに入れる病気、入れない病気についてまとめてみますね。

【プールに入ってもOKな病気】
アトピー性皮膚炎 じゅくじゅくした傷がなければ可。
アレルギー性結膜炎 医者に相談し、症状が安定していれば可。
アレルギー性鼻炎  熱などの症状がなければ可。
水いぼ     かき壊していなければ可。
滲出性中耳炎  医者に相談し、症状が安定していればOK。痛みや熱があれば不可。
頭しらみ    水泳帽を着用し、子供同士の頭が触れなければプールを介した感染はほとんどない。
【プールに入れない病気】
ヘルパンギーナ
手足口病
プール病
流行性角結膜炎
とびひ
下痢
急性中耳炎・外耳炎

上記はあくまでわが子の園での規定なので、参考にだけしていただいて、ご自分の園での規定を確認してみてくださいね。

上記では感染の可能性が少ない病気はプールに入ってOK、となっていますが、実際は鼻水が出ているだけでも、「今日はプールはやめておこうか」となったり、体は元気なのに鼻水が1週間以上続いていると、「元気だからプールは大丈夫だよね」とプールに入れさせたりと、臨機応変に判断されているお母さんが多かったように思います。

 
子供は特に乳児まではしっかりと自分の体調を伝えることが難しいので、少しでも体に気になる症状があるときは大事をとって、プールはひかえるという判断も必要ですね。

まとめ

保育園のプール事情についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

保育園でのプール遊びについてイメージしてもらえましたか?
私も最初はまだ赤ちゃんなのにプールなんて大丈夫かな?と思っていましたが、思っていたよりシンプルな準備でプール遊びを毎日してもらえて、本当によかったです。

保育園に行っていると、なかなか子供をベビースイミングなどに通わせることも難しいのですが、園の時間で水に触れあえる時間がある、というのは子供の成長においてもいい経験になっているな、と思いました。
実際、お風呂の時に頭にお湯をかけられても平気になってきましたし、強くなったなー、と感心します。

プールには入れない感染症などには十分注意して、楽しく子供のプールタイムを応援したいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑